たまごんのブログ

精神的に遊牧民化している人間のブログ.

三条楽音祭

では、前回の記事の流れで野外フェスの話になります。

そういえば、すこし前にもパブリックなイベントコンテンツについて言及したことがありましたね。

そこでも、少々苦言を呈するようなことがありました。

パブリックコンテンツ(とくに箱物)の場合、ヒットさせるにはコストが掛かりすぎるため、実際には失敗だったとしてもそのことを認め難いのでしょう。

ただし、自治体が協力したフェスティバルには特例的にうまくいっている事例もあり、そうした話についてはもうすこししたら別の記事で説明することを検討しています。

なぜ地方のコンテンツは集客がすくないのか - たまごんのブログ

自治体の行うイベントの場合、普通のことをしていたら月並みな結果しか訪れないわけですが、遠方からの集客や広報活動に成功しているパブリックなイベントというのもあります。

たとえば、新潟県三条市で毎年9月上旬に開催されている三条楽音祭がこれにあたります。

 

 

 

三条楽音祭

三条楽音祭は、毎年9月上旬に新潟県三条市のヒメサユリ森林公園で開催されるレイブ系のフリーイベントです。

少々我田引水になります。

三条楽音祭には、7~8年前からときどき行っています。

今年も行ってきました。開催されたのは9月1日のことです。

f:id:ydet:20190913214729j:plain


出演者のほうは、お世辞にも多いとはいえません。

でも、サウンドシステムの評判も良く、ブースも豊富です。

そして、何よりスタッフと客層が良いのも特徴です。

イベントについて考えてるとき、雰囲気や人は大切です。

ちなみに、近年の入場者数は3000人以上の年が多いです。

三条楽音祭では、穏やかな感じも、時代の流れに合致して受けているのでしょう。

個人的には、大雑把で万人受けする牧歌的な雰囲気が好きです。

そういえば、三条楽音祭はパブリックなイベントにもかかわらず、一昔前はレゲエスタイルの年配のおじさんもけっこう見かけました(笑)

 

ヒメサユリ森林公園へ

もう、野暮なことはいわず、三条楽音祭の話をします。

三条楽音祭は、レイブ系のイベントです。

ちなみに、僕の経験からいうとレイブ系でもこのクラスのフェスなら3000円くらい入場料が取れると思います。

三条楽音祭は、来場者が数千人規模なのでついでに現地の知名度を上げたり、広報活動をしたりするにはベストな条件ですが、SNSでも好評を博しています。

最寄り駅である新潟県三条市東三条駅(JR)から、会場のヒメサユリ森林公園まではひんぱんにシャトルバスが出ています。といってもマイクロバスですが。

イベント会場への最寄り駅といっても、ヒメサユリ森林公園までは車で30分の距離で、ひんぱんにシャトルバスが往復しているのはこのためです。

ええっ、乗車料金はいくらかって?

...実は、なんとこのシャトルバスはフリーなんです。

し・か・も。

予約制ではないので、本当にテキトーに乗車できます。

つまり、早めに東三条駅に到着した場合、シャトルバスの時間を気にせず、近くのコンビニなどでドリンクや日用品をゆっくり購入してから乗車することもできるわけです。

この余白が、すばらしい。

そうそう。

ある知人などは、カップの焼酎を片手にドヤ顔でシャトルバスを待っていたこともあります。

 

淡い世界の情景

ところで、この日の日中の天候は曇り。

時折、雲間から青空が見えることもありました。

夜の帳が降りるころには、夜空に星が浮かんでいました。

夜間は、山中に生息している鳥が飛翔しているシルエットも印象に残り、楽しい夜でした。

さて、そろそろ象徴的な画像をアップしていきます。

少々ブレた画像も採用していますが、メインステージの画像は明かりがキツかったり、ボヤけたりしていて見づらいので掲載を控えました。

ところで、現地は山奥といっても過言ではありません。

したがって、群生している草木の上を風が通り抜け、ザワザワしたエモーショナルな感じも伝わると嬉しく思います。

あたかも風景の写真集のページをめくるように、新潟県三条市のヒメサユリ森林公園で毎年繰り返される牧歌的な物語を追体験してください。

f:id:ydet:20190913214433j:plain

f:id:ydet:20190913214450j:plain

f:id:ydet:20190913214508j:plain

f:id:ydet:20190913214523j:plain

f:id:ydet:20190913214537j:plain


三条市の職員には、以前からネットコンテンツへの転載許可を現地で確認し、OKになっていることを申し添えます。なお、アーティストや個人が特定されやすい画像は除外いたしました。もし本記事の画像についてご意見やご相談がありましたらお知らせください。


Special Thanks:新潟県三条市三条楽音祭スタッフ

参考サイト:三条楽音祭 | 新潟県三条市と市民が一緒に作る、無料野外フェス

 

参考記事

ydet.hatenablog.com

ydet.hatenablog.com