精神的遊牧民

精神的に遊牧民化しているミニマリストのブログ.

認知の歪み

今回は、前回の記事の補足的内容です。

町内会や部落共同体などの高齢者が中心の地域コミュニティに、後から新住民がきて積極的に活動する場合、おもしろく思われなかったり、猜疑心を持たれたりする場合があると思います。

ときには、余所者へひさしを貸し与えているように感じられている場合もあると思います。しかし新住民が適度に気前が良く寛容な場合は、先住民から歓迎されたり見逃されたりする傾向があります。

ちなみに、これは有名な話です。しばらく高齢者と同居された経験のある方はご存知だと思いますが、年齢を重ねて認知機能が低下すると、身近なところに物事を曲解した嫉妬心などが出やすくなります。

また、高齢になって認知機能が低下したり、生活のパターンが単調になったりしてくると、身近な相手の盗みやパートナーの浮気を疑い、疑心暗鬼になる傾向があります。ときには別個の事象を混同したり、通常であれば問題にならないことを問題視したりする傾向もあります。

しかし、多くの場合は一時的な妄想や考えすぎです。これはさまざまな人間を注意深く観察していたときに気づいたことです。

ちなみに、こちらで指摘したことは、高齢者以外でも一人暮らしの人や現実の人間関係が希薄でネットの利用時間の長い人にも出ることがあります。

したがって、高齢者ではない人も多少気をつけなければいけませんね。僕も気をつけよう。


参考記事
ydet.hatenablog.com