精神的遊牧民

精神的に遊牧民化しているミニマリストのブログ.

自殺のサイト利用時の注意

こちらは、最近自殺のサイト界隈に注目されている、あることが執筆するきっかけになり、ジェットコースターのような勢いで書きました。

一応『自殺サイト』や『自殺系サイト』や『自殺のサイト』などと呼ばれるサイトをオーガナイズしている立場でもありますので。

 

 

2017年春に広まったある噂

近年、カルトやテロ組織のリクルートの場はサイバー空間へとシフトしたと言われていますが、2017年春にジャーナリストの界隈でそのことに関係した噂が広まったそうです。

その噂というのは、テロ組織のメンバーが食い物や自爆テロの実行犯にするため、私産の収奪や心理操作をしやすい自殺願望のある人間を定期的に物色しているといった内容ですが、情報源はこちらの御仁でしょうか。

ついでに、上記の話にカルトやテロ組織に共通していることを中心に補足させていただきますが、自殺願望があることに加え、単身で身寄りが少なく、人生経験の浅い若年層や崩壊家庭出身者やハンディのある人がターゲットになる可能性が高いのではないでしょうか。

しかし、善意や世直し活動のつもりであっても、こちらで指摘した問題がグループによって確認された場合、カルトやテロ組織と判断されても仕方のないことです。

 

カルトやテロ組織の論理

ところで、一般企業の場合もリクルーターの身なりはきちんとしています。

しかし、とくにカルトやテロ組織でリクルーターの身なりがきちんとしていたり、第一印象の良すぎたりする場合はヤバいところが多いです。

どうヤバいのか、ずばり言うとグループの論理に目的のためなら手段を選ばないということが含まれている可能性があるからです。とくにテロ組織の場合は規模の大小にかかわらず、どうしても民族着や動きやすいラフな私服になる傾向があります。

にもかかわらず、リクルーターリクルート時の身なりがきちんとしている場合、そのグループにはリクルートの能率を高める為に本来の姿を変える、という目的の為のショートカットが行われている可能性があります。

したがって、その場合、そのグループには目的の為なら手段を選ばないという論理がある、ということになります。

 

カルトやテロ組織の特徴

もし、自殺関連の情報を扱うサイトを介し、カルトやテロ組織のリクルーターと考えられる人と知り合った場合は気を付けてください。

たとえ、その人の容姿や身なりがきちんとしていたとしても、第一印象が良かったとしても、頻繁に自分たちへの攻撃や被害を主張することに固執している場合、注意しておいたほうが無難です。

ちなみに、深刻な事件を起こすカルトやテロ組織のメンバーの場合、疑心暗鬼に陥り、自分たちへの攻撃や被害を主張したり、他論に耳を貸さなくなったりするという特徴があります。また事実を強引に捻じ曲げようとするという特徴もあります。

それから、カルトやテロ組織では、メンバーたちに自分たちの価値観を押し通そうとするための教育を施す場合があります。しかしながらその多くは、実質的に限られた対象に向けられていたり、揚げ足取りに近かったりする論法が中心になっています。

それゆえ、インスタントに学べてすぐに約に立つことはあるかもしれません。ところが日本は、典型的な高信頼社会ですから、騙しや揚げ足取りといった典型的な低信頼社会の論法には、違和感を感じる人が多いでしょう。

こうした場合は、おそらく論理学のトートロジーが利用されることが多いと思われますが、トートロジーについては以前ブログの記事で説明していますので、よろしければ参考にしてください。

トートロジーを分かりやすく説明すると、同語の反復を意味します。トートロジーは幅広く応用可能ですぐに使えますが、論理の範疇が極端に狭くなります。

たとえば、イスラム国のメンバーである可能性のある相手に確認のため、『あなたはイスラム国に加入していますか?』と質問しても、『私はイスラム教徒です』といった言い方でしか返答しない場合、これがトートロジーです。

また、質問者の側がトートロジーを使う場合は、頻繁にその場所にそぐわない話や個人情報を同様の言い方で延々と聞いてくることがあります。

それゆえ、トートロジーは、倫理的に問題のある価値観を強引に押し通そうとする際にも利用されやすくなります。”

言葉と論理 - 精神的遊牧民

しかも、こうした論法は、論理性や客観性に問題がある人間にも習得でき、優越感を感じさせることを目的に利用されやすくなります。こうした場合、論理構造や論理連関の高い主張の前では、自分たちの価値観を主張することはできても、実際に浸透させることは不可能です。

もし、こちらで指摘したことが見受けられ、何かの拍子におかしいと感じられたら気を付けてください。

 

ハラスメントにも通用する対策

こちらでは、ハラスメントやコンプライアンス違反への対策方法を紹介しています。

というのも、ハラスメントやコンプライアンス違反も、カルトやテロ組織に目立つことだからです。ちなみにこちらに書いてあることは、学校や職場でも応用できますのでよろしければ参考にしてみてください。

ところで、あなた自身が先述したことの被害者だと感じていたり、どうしても気になることがあったりして相手側の本部や監督機関に相談をする場合は、関係者に配慮し、言い方や伝え方を工夫したほうが良いでしょう。

コンプライアンスや危機管理意識のあるきちんとしたところの場合、指摘した事実が確認されれば間に人を挟んだり、間接的な方法になったりするかもしれませんが、きちんとした誠意や補償があります。

ちなみに、こちらで指摘した事実があった場合、相手側に事情を通知すればそう遠くない時期に内部調査や監査が行われることになります。その場合加担者は、自ら積極的に事実を自供していったほうが責任が減免される傾向があります。

また、こちらで指摘した事実があった場合、そのことを上層部などから追及されることになれば、口裏を合わせていたとしても、事実が白日の下にさらされるのは時間の問題です。

こうした仕組みについては、堅実な人ほどよく理解されていると思います。とはいえ些細なトラブルであれば、我慢をすることも大切です。

ところで、こちらで指摘したことに加担することを強要されたことなどにより、不当な責任を取らなくてはならない可能性が出た場合、ご自身が所属されているところの本部や監督されているところなどに事情の報告や相談をすることも検討してみてください。

こうした場合、事情が複雑であっても、自分から名乗り出ることで自己の責任の減免を図ることができるでしょう。

もし、名乗り出ることに抵抗がある場合、組織内の斜め上の立場にいる方に詳しい事情を相談するというのも良策です。

 

自由へ至る風景

場合によっては、こちらで説明したことによる不利益や心理的瑕疵を回復や緩和させるため、保険会社や社会労務士事務所や病院などに事情を通知したり、情報開示を行ったりして抜け道を歩くことを視野に入れるのも良いでしょう。

敢えて、欠損やハンディを主事由にする場合、細くて狭い道になることでしょう。その道は、一見険しい回り道にしか思われないかもしれません。また論理性や客観性や数学的思考や総合知や待つことが必要になる場合もあるかもしれません。

f:id:ydet:20180928144136j:plain

 

しかし、幸運にも一番幸福度が高いと確信した道を通ることができるなら、そちらを通ってルンルンしながらリフレッシュしたり、

f:id:ydet:20180928144212j:plain

 

気ままに療養したり、

f:id:ydet:20180928144234j:plain


他人から押し付けられたり、刷り込まれたりしたわけではないシンプルな生き甲斐や自己実現を探してみるというのも良いでしょう。そもそも人生というのは、たった一度しかないあなた自身のかけがえのないものだからです。

f:id:ydet:20180928144357j:plain

 

付言します。

ヤバいという直観がしたときも状況によっては、相手のことにも配慮しながらもぶっ飛んだ態度を取って普通の人間ではないと思われたり、外部からの介入を促したりするなど規格外の対応が良策になることもあります!

 

参考記事

ydet.hatenablog.com

ydet.hatenablog.com