たまごんのブログ

精神的に遊牧民化している人間のブログ.

自殺系サイト利用時の注意

こちらは、近年自殺系サイト界隈で注目されているあることが執筆するきっかけになり、ジェットコースターのような勢いで書きました。

一応、自殺のサイトや自殺系サイトなどと呼ばれるサイトをオーガナイズしている立場でもありますので。気が向いた人は参考にしてください。

 

 

2017年春に広まったある噂

近年、カルトやテロ組織のリクルートの場は、サイバー空間へとシフトしたと言われています。

ところで、2017年の春にジャーナリストの界隈にそのことに関係した噂が広まったそうです。

どういうことかというと、テロ組織のメンバーが食い物や自爆テロの実行犯にするため、私産の収奪や心理操作をしやすい自殺願望のある人間を定期的に物色しているといった内容ですが、情報源はこちらの御仁でしょうか。

ついでに、上記の話にカルトやテロ組織に共通していることを中心に補足させていただきます。
自殺願望があることに加え、単身で身寄りがすくなく人生経験の浅い若年層や、崩壊家庭出身者や、ハンディのある人がターゲットになる可能性が高いのではないでしょうか。

もし、善意や世直し活動のつもりでも、こちらで指摘したことが確認された場合、一線を越えているのは明白で、カルトやテロ組織と判断されても仕方ありません。

 

カルトやテロ組織の特徴

自殺系サイトを介し、カルトやテロ組織の関係者と考えられる人と知り合った場合、気をつけてください。

たとえ、その人の身なりがきちんとしていて第一印象が良くてもです。

常識的に考えても、ひんぱんに近づいてきたり、自分たちがアタックされていることを主張したり、個人的すぎることを聴いてきたりした場合は注意しておいたほうが無難です。

他にも、カルトやテロ組織のメンバーの場合、疑心暗鬼に陥り、自分たちへの攻撃や被害を主張したり、他論に耳を貸さなくなったり、事実を捻じ曲げたりしようとする特徴があるそうです。

なお、過去に僕と交流のあった思想団体は、他の人の安全や自主性を尊重しているきちんとしたところばかりだったはずです。

 

トートロジーの不可能性

カルトやテロ組織ではメンバーを増やし、自分たちの価値観を押し通すために騙しや揚げ足取りに近い論法が利用されることがよくあるそうです。

そうした論法は、すぐに学ぶことができるので場当たり的に役立つことはあります。そのため、短絡的に優越感を感じるためにも利用される可能性があります。

ただし、論理構造や論理連関の高い意見の前では、その価値観を主張することはできても、本格的に浸透させることは不可能です。

なぜなら、高信頼社会の場合、騙しや揚げ足取りといった典型的な低信頼社会の論法には違和感を感じる人が多いからです。

ましてや、日本のようにまだ横のつながりがやや強い社会では、そういう風に変なことがあると噂になってライト・アップされることになります。

なお、こちらで説明した論法には、たとえばトートロジーなどの同語の反復などがありますが、トートロジーについては下記を参考にしてください。

トートロジーを分かりやすく説明すると、同語の反復を意味します。トートロジーは幅広く応用可能ですぐに使えますが、論理の範疇が極端に狭くなります。

たとえば、イスラム国のメンバーである可能性のある相手に確認のため、『あなたはイスラム国に加入していますか?』と質問しても、『私はイスラム教徒です』といった言い方でしか返答しない場合、これがトートロジーです。

また、質問者の側がトートロジーを使う場合は、頻繁にその場所にそぐわない話や個人情報を同様の言い方で延々と聞いてくることがあります。

それゆえ、トートロジーは、倫理的に問題のある価値観を強引に押し通そうとする際にも利用されやすくなります。”

言葉と論理 - 精神的遊牧民

 付記すると、そうした論法は、仕事や交渉時に理不尽なことからの保身のために利用せざるをえない場合のように、さほど迷惑を掛けない程度なら仕方のない場合もあります。

 

ハラスメントにも通用する対策

こちらでは、ハラスメントやコンプライアンス違反への対策方法を紹介しています。
なぜなら、ハラスメントやコンプライアンス違反も、カルトやテロ組織に目立つことだからです。

さて、ハラスメントやコンプライアンス違反の被害者だと感じたり、どうしても気になることがあったりした場合、リスクを遠ざけるためにも相手の本部や関係者に事情を相談することも考えてください。

というのも、危機管理意識のあるきちんとしたところの場合、指摘した事実が確認されれば間接的な方法になるかもしれませんが、きちんとした誠意や補償があるからです。

もし、ハラスメントやコンプライアンス違反があれば、相手側にアウトラインを通知すれば事実確認が行われます。

それならば、加担者は自ら積極的に事実を自供していったほうが、責任が減免されます。とくに上層部から追及されることになれば、口裏を合わせていても真相がライト・アップされることになるでしょう。

もし、こちらで指摘したことに加担することを強要されたことにより、不当な責任を取らなくてはならない可能性が出た場合、所属されているところの本部に事情を相談することも検討してください。

また、事実が浮き彫りになる前に組織内の斜め上の立場にいる人に詳しい事情を相談してみることも堅実です

 

自由へ至る風景

場合によっては、こちらで説明したことによるダメージを回復させるため、保険会社や病院に事情を相談するのもいいでしょう。

その場合、狭い道を通る可能性があります。その道は一見すると、険しい回り道かもしれません。論理学や実念論を理解し、静かに待つことが必要になるかもしれません。

f:id:ydet:20180928144136j:plain

 

もしかすると、目に見える大きなメリットはすぐにはないかもしれません。

けれども、個人として冷静に事情を考証していけば、やがて多くの果実を手にできる可能性があり、そこには遠回りしたことで獲得した経験や技能も含まれます。

そうなれば、トータルメリットは最大になることもあります。

その場合、リフレッシュしたり、

f:id:ydet:20180928144212j:plain

 

気ままに療養したりしてみるのもいいでしょう。

f:id:ydet:20180928144234j:plain

 

ある程度落ち着いたら、押しつけられたりすり込まれたりしたわけではないシンプルな生き甲斐や自己実現を模索してみるのもいいでしょう。

そもそも、人生というのはたった一度しかないあなた自身のかけがえのないものです

f:id:ydet:20180928144357j:plain

 

付言します。

『ヤバい!』という直観がしたときは、相手に配慮しながらもぶっ飛んだ態度を取って普通の人間ではないと考えられたり、外部からの介入を促したりするなど規格外の対応が良策になることもあります!

 

参考記事

ydet.hatenablog.com

ydet.hatenablog.com