精神的遊牧民

精神的に遊牧民化しているミニマリストのブログ.

スノーデン事件

今回も、最近の記事に関連する内容です。


スノーデン事件

スノーデン事件とは、2013年6月に米国の情報機関NSAの元職員のエドワード・スノーデンが、香港で英紙『ガーディアン』などの複数のメディアに対し、勤務していたNSAが行っている個人情報の収集方法などを告発した事件のことです。

スノーデンは、民間企業の社員を装いながら情報機関員としての業務に従事したり、日本の横田空軍基地にも2年間勤務したりしていたそうです。

しかも、彼は20代後半で日本円で約2000万円という高額な年収を得ていて、政府機関の管理職級の扱いを受けていたと言われていますが、正義感から内部告発に踏み切り、世界を震撼させるニュースになりました。

しかし、彼の告発後、米国政府の要人たちはメディアに向けて『これは大した不祥事ではない』といった意味のことを不自然なほどアピールしていました。

職業的良心

かつて、国家間の戦場や諜報活動のメインステージは陸でしたが、現代は境界線の曖昧なサイバースペースへと移行しました。

これは、デジタルデバイスに置き換えて考えてみると、CPUの性能は悪くなくてもOSのほうが現代に対応し難いシステムや人を増やしたことにもなり、その人たちにはショックで内心は穏やかではなかったとも思います。

ちなみに、スノーデンは告発を行った同年8月から現在までの間、ロシアの移民局に期限付きの滞在を許可されています。彼が長らく検挙されないことには、発想がギークであるということも関係しているのでしょう。

おそらく、能力が同等のスーツとギークがいた場合、後者のほうが型破りで発想が豊かなのでできることが多いと思います。というのもスノーデンの場合、密かに持ち出した米国政府にとって不都合な機密資料を含むデータのコピーを各所に分散しながら提供していたからです。

それから、自分に危害が及びことになれば、自動的にこうしたデータが、白日の下にさらされることになるだろうと述べています。米国政府は、彼によってセットされたその“時限装置”のことを懸念しているのでしょうが、そのように最悪の事態を想定し、物事を悲観論で分析することは組織のリスクマネジメントの観点から合理的です。

ところで、公職に就いている場合も、報酬や補償がきちんと支払われ、理不尽な責任でも負わされなければ所属元や業界に配慮するべきです。しかし例外も存在します。

諸外国の憲法の多くは、個人の安全や意向や自主性といった尊い権利、すなわち個人としてのシビルライツ(市民権)を尊重しています。

それゆえ、個人に一方的にデメリットを生じさせるなど、外部に相談しなければならないような状態に陥らせてしまった場合、配慮が必要になることもあります。

ちなみに、これを職業的良心と言います。

これからのスノーデン

ところで、スノーデンの場合、活動が作品化されたり、ブログやSNSが社会的に影響力を持つようになったりしたことで、主張の正当性が認められていく世論が形成されていきました。

彼によって、指摘された問題が注視され、諸外国にもそのことが知られていったことが関係しています。ちなみに近年は、こうした活動や世論の影響で恩赦を出す動きが高まっています。

それから、末筆ですが、映画館で観た映画『スノーデン』と書籍『スノーデン 日本への警告』と『暴露:スノーデンが私に託したファイル』をリンクしておきます。

本記事の参考にさせていただきましたが、興味のある人はどうぞ。


参考書籍

暴露:スノーデンが私に託したファイル

暴露:スノーデンが私に託したファイル

スノーデン 日本への警告 (集英社新書)

スノーデン 日本への警告 (集英社新書)


参考DVD

スノーデン [DVD]

スノーデン [DVD]


参考サイト
スノーデン容疑者、ロシアからアメリカに引き渡し? でも本人は喜んでいる
M・ザッカーバーグ氏のノートPC、ウェブカメラにテープ--オフィスで撮影の写真で指摘される - CNET Japan