精神的遊牧民

精神的に遊牧民化している人間の個人ブログ。柔軟で型破りな言論が特徴です。

マイノリティが社会参加し難い本当の理由

マイノリティが社会参加し難い本当の理由

前回の記事の補足的な内容です。

日本の場合は、追跡や監視妄想などとは別にマイノリティのひとたちが社会参加し難い、独自の裏事情があります。

ある程度の人生経験があったり、年配になると知っているひとも多いことで、検証不可能なことを話しているわけではありません。ただし、センシティブな内容ですので抽象的で無難な言い方にしてあります。

日本の場合は、他の先進諸国とは異なり、いくつかのコミュニティのメンバー(一部の新興宗教や左翼や右翼など)や在日中国人・韓国人・朝鮮人などの共産圏の国の国籍を持っているひと(過去に該当していた場合も含まれる場合がある)やドラッグで逮捕歴のあるひとや精神病院に入院歴のあるひとや前科者や被差別部落にルーツのあるひとに対し、公的機関からさまざまなかたちでときどきチェックがある場合があります。

聞くところによると、上記のカテゴリに該当しているひとの所属している学校や職場の管理者などに、直近の様子を確認することがあるそうですが、他の関係者を介して直近の様子を確認することもあるそうです。

担当しているひとも仕事でやっているのでしょう。しかしこういうことが目立ったり頻繁にあったりする場合、先記のカテゴリに該当しているひとたちが集団で行動しなければいけなくなったり、社会参加が困難になったりすることの要因になっている可能性があります。

また、こういうことは精神疾患や自殺問題の隠れた要因になっているのではないか、という意見もあります。ちなみにチェックのほうは、簡易形式的にさっと行われる程度であってないようなところもありますが、一部の地方(とくに日本海側や東北)から人口が都市部に流れている要因になっているとも考えられます。

それから、先記のカテゴリの精神疾患者に関する興味深い話です。ようやく日本でも精神病院の病床数を削減し、軽度から中度の精神疾患者の退院と社会参加を促進するようになりました。そして依存症が病気であるという国際社会では標準的とされている論調と認識が定着してきました。


参考サイト
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000070789.htmlwww.mhlw.go.jp
www.nikkei.com


日本の場合は、特に先記のカテゴリのうち後者の二つについては、あたかもその大半が無教養で粗暴な馬鹿者であるかのような印象を与えかねない差別的な報道をされる傾向があった為、偏見があったことも事実です。

しかし、以前当事者の方々にお話を伺ってみる機会がありましたが、普通の人間との差異がほとんど見受けられない場合が多かったことが印象に残っています。


日本社会の課題

旧来の社会の仕組みが変更されてきていることには、国家の財政状況が不安定になっていくという予測も関係しているのでしょう。

しかし、旧来の社会の仕組みが変更されてきているとはいえ、現実問題として冒頭のほうで説明したことが目立ったり頻繁に行われたりした場合は、当事者の方が一つの職業に継続して就くことは難しいでしょう。

依存症や他の精神疾患のひとたちについては、先記のカテゴリに入っていて立場が不安定で非難する対象の少ないひとから非難され易いという意見も聞いたこともあります。その相手側が問題の原因になっている場合もです。

また、ようやく社会復帰に成功したり、せっかく仕事が軌道に乗り始めたりしたのに、冒頭のほうで説明したことが目立ったり頻繁に行われたりしたことで台無しになり、ハンディが付きすぎて義務を投げ捨てたという話も聞いたことがあります。

ただし、高学歴で基礎学力が高かったり、専門的な技能や資格があったりする場合には例外があります。地頭のいいこちらの著名人たちのようにミスをしたり、入院したりした後も本業で大成功された特殊な事例がありますので。


参考サイト
tsurumitext.seesaa.net
aska-burnishstone.hatenablog.com


というか、鶴見済さんやアスカさんや少年マガジ○の元副編集長の場合、依存症という病気でしたし、事後の規格外の言論活動を加味すると特例的に検挙したり、不利益を発生させたりしないほうが良かったと思います。

それから、鶴見済さんの場合は、著書や雑誌のインタビューの中で、リタリンについてメリットしかないとも考えられる意見をされていました。

そうした発言は、多少問題視されていた可能性はありますが、近年になって依存性があることを認められています。


参考記事
tsurumitext.seesaa.net


日本では、今後も他の先進諸国と同程度にハンディや問題を抱えられていたり、躓いたマイノリティのひとたちが立ち直り易くなる仕組みが施行されたりすることが期待されています。

また、日本の少子高齢化問題には世界中が注目しています。ですからこちらで説明したマイノリティひとたち(日本に敬意を払う外国人も含む)の意向や自主性に配慮しながら、人間や社会を立ち直らせたり、安定させたりしていくことは日本社会の課題になってくることでしょう。


参考記事
ydet.hatenablog.com