精神的遊牧民

精神的に遊牧民化しているミニマリストのブログ.

ガスライティング問題

近年、ブログやSNSを中心に、ガスライティングや集団ストーカーといった事象を扱うコンテンツが目立つようになりました。

そこで、今回はガスライティングや集団ストーカーに関することを中心に扱います。

ちなみに、こうしたことを扱ったブログやSNSのほとんどは、その被害が強調されすぎていることで読み難くなっています。

その一方、こちらは当事者ではない人間が個別の情報を紡いで、体系的に説明していますので読みやすいかと思います。

尚、こちらでは定義の説明から入りますが、当事者情報の抽出や法制度の説明が中心になっていますので、帰納的推理を基軸に構成しています。


ガスライティングとは

ガスライティングとは、心理的な虐待の一種と考えられ、標的の自信や自尊心、尊厳を損なうことを目的とした手口のことです。

ガスライティングという言葉は、『ガス燈』というイングリッド・バーグマン主演の映画に由来しています。

また、ガスライティングと同列に解釈されやすい集団ストーカーとは、その言葉の通り、標的に対する集団でのストーカー行為全般を意味します。

前者は、相手に気づかれないように心理的ストレスを加えることが目的になっていて、後者はつきまとうことが目的になっているという特徴があります。

どちらも分かりやすい場合は、標的にした人を睨みつけたり、所有物を損壊したり、ゴミを漁ったり、悪評を流したりするなどの違法な迷惑行為があるそうです。

ちなみに、ガスライティングについて詳しく知りたい方は下記のサイトが参考になります。


参考サイト
わざと誤った情報を流し人を混乱に陥れる心理的攻撃「ガスライティング」を仕掛けるひとが使う11の方法 : カラパイア


被害者の情報

こちらでは、被害者の情報を中心にまとめてあります。


被害者の声

ネット上には、ガスライティングや集団ストーカーの被害を主張するブログやSNSがありますが、電磁波やガスなどで攻撃されているといった極端なものまであります。


参考サイト
故・飯島愛さんは、電磁波拷問犯罪・集団ストーカー犯罪の被害者でした。電磁波攻撃で殺されました。 | 電磁波攻撃、電磁波を使った拷問・人体実験、モルゲロン、ナノチップによる脳の完全支配、「マインドコントロール」などについて


また、ガスライティングや集団ストーカーの被害を主張するブログやSNSには、他にも極端なことの被害を主張しているものがあります。

たとえば、コンプライアンスを無視して、私産を収奪されたり、家宅侵入されたり、知人に圧力を掛けられたり、無断で名前を使われたり、ありもしないことや個人的すぎる情報を言いふらされたり、そのためにコンスピラシーされたといった内容です。

また、こうしたことをされそうになったといった被害を訴えているものもあります。しかしこうした内容になると、もっともらしい大義があったとしても、慈悲や遵法意識を欠いていて一線を越えてしまっているのは明白です。

とはいえ、もし、そういう風に集団で頻繁に変なことばかりしていれば、あっという間に噂や騒ぎになったり、責任を問う声なども出やすくなったりしますので、考えすぎの場合も多いでしょう。


被害者の個人情報

また、ネット上には、ガスライティングや集団ストーカーの被害を主張すると同時に、陰謀論を扱っているブログやSNSがあります。

こうしたところには、フリーメイソンイルミナティなどが、特殊な化学兵器や自然災害を起こすことができる装置を使い、人類を支配しているといった極端なものもあります。

しかし、ある組織がさまざまな利権に食い込んでいることはあるでしょうが、そういう場合はひとつのところではなく、複数のところが複雑に絡み合っているのでしょう。

外国にも、こうした問題を扱ったブログやSNSがあり、米国のNSAや英国のGCHQやカナダのCSECなどが、自分の通信の履歴や個人情報を収集していると主張しているものもあるそうです。

しかし、こうしたことは特殊な問題が発生したときに備え、形式的に不特定多数の通信の履歴や個人情報を収集している程度で、個人を延々と熱心に監視しているようなことはすくないと思います。

ちなみに、イスラム国(IS)やアルカイダのメンバーに対しては事情が異なるのでしょうが。


参考サイト
National Security Agency
https://www.cse-cst.gc.ca/
GCHQ Site


被害者の人となり

ところで、ネット上には、こうした問題の被害者たちのオフ会やデモをやっている団体のブログやSNSのコミュニティもあります。

実は、筆者はこうしたことに興味を持ち始めた時期に、先述したところを介して当事者の方にお話を伺う機会がありました。

しかし、実際に話しをしてみると、ほとんどの人は一般的な人と大差がなかったことが印象に残っています。職業も会社員や団体職員など、普通の仕事をされている人が多かったですし。あと精神科に通院されている方や障がい者の方もすこしいました。

ところで、ガスライティングや集団ストーカーの被害を主張している人には、広範囲のアトピーを患っている人の割合が高いということに気づきました。この身体的外形も、こうした問題に多少関係しているかもしれません。

というのも、すぐには変えることが困難なことがあったりすると、実在しないことをつい自分と関連づけて疑心暗鬼になる傾向があるためです。また身体に炎症があったり出血したりしている場合、キレやすくなる傾向があります。

とはいえ、これは差別を助長しているのではなく、身体に炎症があったり出血したりしている場合、直情的になることで判断ミスが起きやすくなる傾向がありますので、そのことには注意しておいたほうが無難だという話です。


被害者の団体

ちなみに、筆者は一度、先述したコミュニティに誘われ、試しにこうした問題を扱ったデモに行くことがありました。

そのときは、途中でスタッフにプラカードを渡されましたが、後でよく見たらある新興宗教を非難する内容でした。

筆者は、このように思想に関することを押しつけられそうになると、難しい気分になります。というのも筆者の場合、教育を受けて所属しているキリスト教の宗派(とくにキリスト教圏ではメジャーな世界宗教)などの関係で、他の思想団体の価値観に完全に従うことは不可能だからです。

こうした事情がありますので、そのときはそこの本部の人間に事情を説明してプラカードをお返ししましたが、それはもっともだということで収めていただきました。

そもそも、ある宗教思想を持った人間に他の思想を押しつけることはその相手に対してというより、所属している団体全体に対する行為ということにもなりますが、うっかりされているなら些細なミスということになります。

ちなみに、先方も故意にこうしたことをしたわけではなく、単にメンバーが適当に作って余ったプラカードの一つを渡したということでした。こうした場合、とくに問題視する気にありません。

というより、その団体の主催者やスタッフの方は基本的に親切で、他の人の個人としての権利を尊重していましたので、とくに怒っているわけではありません。

ちなみに、そのときは扱っている問題とは無関係な一般市民もいて、キャバクラ嬢やホスト風の服装の人も少数いましたね(笑)。

一昔前なら、どちらかというと組織に所属している活動家や精神疾患者が多かったのかもしれませんが、これは善かれ悪しかれは別として、若年層を中心に文化拘束性の影響力が低下したことが関係していると思います。

ただし、ある常連の人からはこういう行事のときはいろいろな人が来るので、目立たない服装にしておいたほうが無難だと助言されました。

ところで、筆者は頻繁にさまざまなウォッチャーなどをしていた関係で、メディアで仕事をしている知人たちからおもしろそうな情報(ネタ)があったら持ってくるように言われているのですが、こうした内容になると企画書の段階でボツになると思うのでやめました。

でも、意外と海外受けはするかもしれません。


法制度

こちらでは、被害を感じている方の役に立ったり、この問題に関連していたりする法制度を中心にまとめてあります。


精神医療

こちらでは、社会保障費を圧迫しない程度に治療や就労のための助言をしています。

もし、こちらで説明した問題の被害(と思われること)のせいで、日常生活に支障があるほど重症の場合、精神科や心療内科でのカウンセリング治療も視野に入れてみるのも良いのではないのでしょうか。

ただし、こういう場合は、入院施設のある精神病院よりも評判の良い個人経営のクリニックをおすすめします。

これはどういうことかというと、入院施設のある精神病院の場合、向精神薬の処方数を多くしたり診療報酬の高い治療を優先したりする傾向があるからです。

ちなみに、デモに参加していた常連の人から聞いた話ですが、精神医療の中でもっとも診療報酬の高い医療行為は強制入院で、これは一般的な治療方法と比べると桁外れの診療報酬が病院側に入ることになるそうです。

そして、入院させて重症だと診断された場合は、特別保護観察指定を出し、ソーシャルワーカー社会保障の代理申請でもすればしばらく入院患者にすることができるそうです。

ちなみに、現代の精神医療に従事しているほとんどの医師は良心的ですから、重症の患者以外にはこういうことはしません。近年強制入院が行われる場合、そのほとんどは暴力を振るったり自殺したりするリスクが極端に高い人になっているそうです。

しかし、入院施設のある精神病院で治療を受ける場合、とくにこの手の法律に弱い人は多少注意しておいたほうが無難です。また一度に大量の向精神薬を処方される場合もです。

精神医療の先進国である米国では精神疾患の一般的な治療方法だった投薬治療はカウンセリングにシフトし、TMS磁気治療やマインドフルネスを加えた治療方法が一般的になってきているという事実が紹介されています。
精神疾患とマインドフルネス - 精神的遊牧民


ところで、精神医療の場合、医療の中でも医療費は比較的低額になりますが、通院医療費公費負担制度というものもあり、この制度を利用することで医療費の支払いが1割になります。

また、向精神薬を処方されている生活困窮者や貧困層の人は、ジェネリック医薬品を選ぶというのも良いでしょう。日常生活に支障のある人は、障がい者手帳を取得してみるのも良いでしょう。

こうしたことは、社会保障で生活されている人もご検討ください。それからブランクのある障がい者のための障がい者向けの事業所というのも、近年増えています。

こうした情報の詳細については、下記にリンクを張っておきますので、関心のある人は参考にしてください。


参考サイト
自立支援医療制度(精神通院医療)とは? ~対象・サービス・申請方法・Q&A~ | 障害者の就労支援・情報サイト【凸凹ナビ】
精神障害者保健福祉手帳とは?判定基準やメリット、申請方法まとめ【LITALICO発達ナビ】
障がい者就業サポートガイド!障がい者が運営する障害者のための就職支援サイト


法務局で行える手続き

こちらでも、引き続き法制度に関する助言をしています。

もし、ガスライティングや集団ストーカーの被害(と思われること)や窮屈だと感じられることがあった場合、法務局で成年後見人に『登記されていないことの証明書』という書類を取得されてみてはいかがでしょうか。

これはどういうことかというと、日本では本人から同意を得たと称する人物が代理人に扮し、こうした制度を違法に申請しているということが、稀にあるからです。

こうした問題がある制度は成年後見人制度以外にもあります。とはいえもちろん筆者の場合も、こうした制度を申請したり、代理申請に同意したりしたことはありません(笑)。

ちなみに、こうした制度の申請対象者に多少のハンディや病気があっても、近しい親類でもない者が本人の同意なくこちらで指摘したことをするのはもちろん違法です。またこうした事実が証明されればその手続きは無効になり、事件沙汰にもなるでしょう。

これは個人的な直観ですが、本人に憶えがないのにこうした制度が利用されたり、同意したことがないのに同意したことにされたりしたことを調べると、日本人拉致事件の解決の糸口になる情報も見つかる可能性があるのではないでしょうか。

こういうことをいうと、極端な意見に感じられる方もおられるかもしれませんが、しかしこの二つの事件の根底にある論理は、高信頼社会では珍しいほど共通していると思いませんか。

付言すれば、マルチクリエイターのヒキタクニオ氏が『遠くて浅い海』という作品の中で、こうした制度の問題をほんのすこしですが扱っています。

こちらは、窪塚洋介さんや須藤元気さんや江口洋介さんが出演し、映画化されたことで話題になったアウトロー映画『狂気の桜』の関連作なのでご存知の方もおられるかもしれません。

ちなみに、狂気の桜はアンダーグラウンドの世界や右翼団体に入っていく右翼の青年たちの物語ですが、こちらは映画のほうがおすすめです。


参考書籍

遠くて浅い海 (文春文庫)

遠くて浅い海 (文春文庫)

凶気の桜 (新潮文庫)

凶気の桜 (新潮文庫)


参考映画

凶気の桜

凶気の桜


遠くて浅い海は、消し屋と呼ばれ、標的の生きていた記録さえも消してしまう狂気の桜に登場したプロのヒットマンが主人公です。

本書には、たしか本人の知らない間に制限行為能力者(ただしこれは主人公の仕業ではない)にされそうになった、身寄りのない青年の話が出てきます。

とはいえ、こうしたことももっともらしい大義があったとしても、慈悲や遵法意識を欠いていて一線を越えてしまっているのは明白です。

こうしたことは、噂や騒ぎになっていくほどのことなので、現実的ではないと思われるかもしれません。

しかし、興味のある方は、見聞を広める程度に参考にされてみてはいかがでしょうか。


処世術

こちらでは、処世術や精神論を中心にまとめてあります。


人生は一度しかない

こちらは精神論が中心ですが、前章にも関連した内容です。

ちなみに、成年後見人制度については賛否両論がありますが、近年その対象は拡大し、現役の公務員でさえ申請できるようになりました。

こうした事情もあり、この制度に対する偏見はすくなくなってきました。もちろんこちらでも、こうした制度やその対象になっている人への差別を助長する意図はありません。

しかし、法務局で成年後見人に『登記されていないことの証明書』という書類を取得する場合は、職員とは最小限のことしか話さないようにすることを推奨します。この手続きをして問題がなければ、自由権が制限されていないことの担保になり、不安も多少軽減されるかと思います。

いっそのこと、それをお守りにして普段はガスライティングや集団ストーカー(と思われること)のことは、意識しないようにしてみるというのも良いでしょう。とはいえどうしても気になるようなら、こうしたことを意識しないようにするため引っ越すというのも良いでしょう。

そもそも、人生というのはたった一度しかないあなた自身のかけがえのないものですから、人生の重要な選択をするときは自分のことを第一に考えてください。

人間はいつかは死んでしまうし、会社や学校や家庭もいつかは滅びるのは必定で、このように普遍的な事実を意識してみると、本当に必要なことってやっぱり多くないですからね。

それに、人間は基本的に生まれてくるときは独りですし、死ぬときも独りです。こうしたことは鶴見済さんの本を読んでいるときにも、認識させられることが多かったですね。

そもそも、地球上の生き物は海や硫化水素から自然に生まれてきたわけですが、人間が生きることも死ぬこともこうした自然のプロセスとしてパラフレーズしてみると、そこに特別な意味なんてあるわけないでしょ。
寝太郎のブログ - 精神的遊牧民


とはいえ、何も筆者は、渡り鳥みたいな無法者になることを推奨したり、説教をしたりする気はありません。

ちなみに、筆者も一時的に他の人に見られているのではないか、と思ったことは何回かはありましたが単なる勘違いでした。

『げっ、最近ネットとかで話題になっている集団ストーカーとかじゃないよなあ』なんて思ったりもしましたが、そんなはずはあるわけなくいつもの考えすぎに因る取り越し苦労で、付近に偶然集まっていた人たちは近場に用事のある一般人でした。
夜回り2 - 精神的遊牧民


日常の対策

ガスライティングや集団ストーカーの被害を訴えている当事者の方のブログやSNSを拝見していると、些細なことに過敏になりすぎていると考えられる場合もあります。

ちなみに、その人たちが定期的に交流のない相手とコンタクトすることで、精神的に不安定になる傾向のある場合は、間違い電話や訪問販売などだと思います。

こうした迷惑な相手には、一般的にも普及している方法ですが、私用の電話の場合は特定の時間しかオンラインにならないようにセットするというのも良いと思います。

もし、精神疾患を抱えられて疲れている場合は、その間オフラインにしておくのも良いでしょう。ただしその場合は、定期的に交流のある人たちには事情を説明しておくべきです。

また、訪問販売の場合、ドアに訪問販売禁止のステッカーを貼り、自宅ではアポイントを取った相手が来るときしか応対しないというのも良いと思います。

こうしたことでお困りの人は、シャットアウトの参考にしてください。


相談する前の注意

ところで、多少のハンディや病気を抱えられていても何とか一人で暮らせる場合、ガスライティングや集団ストーカー(と思われること)の被害については、行政機関には安易に相談に行かないほうが無難です。

というのは、調べても実証困難な被害を訴えると、精神疾患の症状によるものとして記録される可能性があるからです。また近年はこうした問題を専門に扱う弁護士や相談所が増えています。

ちなみに、これは陰謀論や冗談ではなく、先述したところの中には相手を食い物にして高額な報酬を請求したり、各方面と繋がったりしている場合があるので、こうした問題を専門に扱う弁護士や相談所も安易には利用しないほうが無難です。

もちろん、その中にもきちんとしているところはあります。しかしとくに弁護士の場合、司法試験改革によって合格者が以前の約3倍になりましたが、若手弁護士は弁護士会に毎月支払う会費(5万円)が払えなくなることもあり、リピーターになってくれるクライアントがいないと都合が良くないという事情があります。

それから、懸念していることが大したことではなかったり、一時的な問題だったりする場合は、敢えて相談はせずに雨雲が近づいてきたときと同様に、用心しながら身をかわせるようにして様子を見るというのも良いでしょう。

あと、大した用もないのに人助けだと称し頻繁に接触してきたり、もっともらしいことを前面にしていてもしつこく個人情報を聴いてくる相手には注意しておいたほうが無難です。

とくに、以前から定期的な交流がなかったり、共通の友人がいなかったりする場合は尚更です。


人間は安易に信用しない

そもそも、よく分らない人間は安易に信用しないほうが無難です。

こういうことをいうと、若年層や人生経験の不足している人は、人間不信になってしまいそうになるかもしれませんね。

とはいえ、本質的に自分を救えるのは自分しかいないこと、よく分らない人間は安易に信用しないほうが無難だということは、業種に関係なく良心のある有識人や知識人ほど、個人的な話をする際に助言されることが多かったように思います。ちなみに筆者の場合は、謙遜ではなくそそっかしいところのある凡人にすぎませんが。

それから、とくに脅かす意図はありませんが、もし現実でも何かの拍子にこちらで説明したことを直観しておかしいと思ったら、多少注意しておいたほうが無難です。もちろん過度に心配しすぎるのはいけませんし、取り越し苦労の場合もあるでしょう。

尚、こちらで説明したことには、勝手な憶測に基づいた意見も含まれています。けれども困っている人にとっては、場当たり的な気休めの言葉より、踏襲されてきた処世術や知識のほうが役立つと思いますので良かったら参考にしてください。

あと、行き詰っていると感じたときは気分転換に日光浴や散歩をしたり、いのちの通り道を利用したりしてみるというのも良いでしょう。
f:id:ydet:20180928170417j:plain


参考サイト
いのちの通り道
【ベンジャミン・フランクリン】知識への投資は常に最高の利息がついてくる|偉人が残した名言集


参考記事
ydet.hatenablog.com
ydet.hatenablog.com