精神的遊牧民

北海道の海辺に輝く朝焼けのように清らかなブログ

言葉と論理

口語のコミュニケーションの場合も、論理以外に言葉が重要になります。

訛りのある場合も、話し相手が標準語しか話せない場合は、可能なら標準語で話すほうが適切です。なぜなら正確な論理の流れを共有する為には、共通言語を用いることが望ましいからです。

現在、自分自身は、地方の郊外に住んでいてインドアな割にはいろいろなところに行きました。さまざまなひととの出会いがありましたが、気付いたことがあります。

標準語が話せないから、訛りのある言葉を使う場合は仕方ないし、自分も小学生の途中まで少し訛りがありましたのでいい加減なことを言うつもりはありません。

しかし、普段は標準語を話していても、極端な意見を主張するときに語彙を簡素にした方言や乱暴な言葉を繰り返すひとには不思議なひとが多かったな。おそらく、論理構造や論拠に欠損があることを偽装して主張する際、有効だったのでしょう。


論理学には、トートロジーという概念があります。トートロジーを分かり易く説明すると、同語の反復を意味します。トートロジーは幅広く応用可能な安易な論法ですが、論理の範疇は極端に狭くなる為、論理的に破綻することはありません。

例えば、イスラム国のメンバーに対して確認の為、『あなたはイスラム国に加入していますか?』と質問しても、『私はイスラム教徒です』といった言い方でしかと返答しない場合、これがトートロジーです。

また、質問者の側がトートロジーを使う場合、頻繁にその場所にそぐわないことや個人情報を同じ言い方で延々と聞き回ろうとしたります。

それから、トートロジーは、先述した例えのように倫理的な問題を含む思想信条に関することを偽装したり、強引に押し通す際にも利用され易いです。

その為、論理学が普及した高信頼国の公共圏では利用すべきではないと考えられています。

こうした論法を頻繁に利用するひとの場合、ビジネスの場でも認知バイアスの関係したトラブルを起こすことがあります。

どういうことかとうと、例えば重要な交渉の際、合間に世間話をする機会が生じて『そちらにはもう資金に余裕がないんだから(あるいは逆にまだ余裕があるんだから)』といった話をし、相手が特に肯定も否定もしないでいると、無断で自説を有利に進める為その方向で報告書を作成するといったことなどです。

但し、こういう場合、後に双方の証言や記録内容を照会することで矛盾点が指摘され、問題になることもあります。

このようなことが多々あると、仮に善意によるものであったとしても、社会の秩序は滅茶苦茶になり、二次的三次的問題の要因にもなってしまいます。


またトートロジーは、相手に弁明の余地を与えず、一般常識では認められ難いことや個人的な感情論を強引に押し通す場合に使われ易く、利用した側が短期的には優勢になることがあります。しかし、利用した側にとって長期的な問題や損を発生させ易くなるという瑕疵があります。

その場合、事後処理に莫大な時間や労力などが必要になってしまうことがあり、こういうことも論理学が普及した高信頼国の公共圏で利用すべきではないと考えられている主な理由です。

トートロジーを使って対応されると、正確な返答を求める為、地道に論拠を提示していっても常に的外れな同様の答えしか返ってこないから、人間らしい正常なコミュニケーションは成立しなくなってしまいます。

翻えって、質問者の側がトートロジーを使った場合も同様ですが、他人の個人的な事情に介入しないようにすれば、そうした問題は起き難くなります。


論理学に馴染みのないひとは、トートロジーは同語の反復で、誰にでも通行できる安易な広い道であると解釈してください。しかし、ある程度の人生経験のあるひとなら解ると思いますが、肝心な話し合いの場でこうした論法が使われた場合は、トラブルになる可能性がありますので注意してください。

トートロジーは、特に自己評価が低いという制圧されたいびつな面がある、自己愛性パーソナリティ障害と境界例パーソナリティ障害の重症のひとが利用する傾向が高いと言われています。

また、トートロジーは、個人的な価値観やごく一部の少数派の価値観を全体の意見のように偽装し、強引に押し通そうとする際に利用されることがあります。

しかし、論理構造にはいっさい触れようとせず、ただ感情に訴えてこうした論法が使われた場合は、その主張を鵜呑みにするとトラブルに巻き込まれる可能性がありますので気を付けてください。

こうした論法が繰り返された場合は、論理学に馴染みがなくても直観の鋭いひとなら、その論理自体、破綻はしていなくても論理構造のほうに欠損があることで違和感を感じることでしょう。

もし、自分の側にこうした論法を使うひとがいて、長期的な問題や損が出る可能性が発生した場合は、ただでさえ複雑なことがさらに複雑にならないよう素直にミスを認め、相手側の立場を考慮しながら大事にならないように取り計らうことは良策です。

それから、語彙と人間性について私はこう思います。ジョージ・オーウェルの小説『1984年』では、人間が機械のように管理された整然とした社会で、語彙が極端に乏しいニュースピークという言葉を話すことが強制されています。しかし、真の人間性とは主として教養によって培われ、ボギャブラリーや寛容さや感受性に比例します。


参考書籍
www.amazon.co.jp

参考サイト
【5−2】トートロジー(循環論法)に気をつけよう | シンクロン・ナレッジ
狭き門より入れ - 故事ことわざ辞典


関連記事
ydet.hatenablog.com

広告を非表示にする