精神的遊牧民

北海道の海辺に輝く朝焼けのように清らかなブログ

能力と適性

最近、学生時代のことを思い出す機会がありました。

学生時代は、さまざまなバイトをハシゴしていましたが、経験してきた職種は短期間のバイトを含めると運送会社での荷物の仕分けや商品の管理をしていたことが一番多かったと思います。

当時の現地では、求人サイトで仕事を探すというのは、まだ一般的ではなく、ADSLの回線が登場し始めたのも僕が大学生のときでした。

当時は、バイトを探すときは、市の中心部にあるバスセンターの掲示板の求人の張り紙(当時のその地方ではこの方法で仕事を探すことも主流だった)を見て、会社や手配師のところに連絡することが多かったですね。


現場の仕事だと、経歴や能力よりもやる気でひとを採用する傾向がありますが、印象的なことがありました。

こちらは、個人がハンドルネームでやっているブログですが、具体的な日時や場所や当事者の個人的すぎる情報をぼかして紹介します。詳細を端折っていますので、後述する話は、人生のなかで何回か該当しているとも考えられます。

ある現場労働が中心の職場でのことです。そこに後からやって来た後輩のことですが、彼は途中から転職を検討していました。後に、彼はあるひとに紹介され、大手のある業種の正社員の入社試験を受けたのですが、不採用になりました。

理由は、ペーパーテストの結果に問題があったということを、その職場を紹介したひとを経由して情報屋の同僚から聞きました。

現場の仕事をしているひとのなかには、一般的な企業が高卒者向けの入社試験で実施している、知能や教養の程度を測定するペーパーテストに受かり難いひとがときどきいます。ひょっとすると軽度の学習障害の場合も多いのかもしれません。

先述した、配慮の足りない呼ばれ方をしていた後輩についてですけど、実際に計算作業のときに二桁や三桁の足し算や引き算がすぐにできなくて、僕のところにもときどき回答を求めに来ていました。

初めは、単純に確認の為だと思っていましたが、二桁や三桁の足し算や引き算を即座にできないということが分かったのは、ずいぶん後になってからのことです。

彼には、嫌な面はあったけど、良い面もありました。先述した大手のある業種の正社員の仕事を紹介したひとが例のペーパーテストの話をしていたと聞いたときは、ときどき自分を過大に評価している節があってもやる気のある人間をなぜ評価しないのか、と感じイラッとしました。


しかし、実際問題として、さまざまな職種を経験しているひとや社会経験の長いひとはピンと来るかもしれません。もし、自分の側にそのタイプのひとがいたとしても理解し易いと思います。

そのタイプのひとにとっての、業務中の正誤の基準と標準的なひとにとっての正誤の基準とでは、解釈が多少異なることがあるという補助線を引いてみると、周囲と行き違いが起き易いことは理解し易いと思います。

とりわけ、数学力に欠損が目立つ場合は、論理よりも情緒を優先させ、時間が経ってもグループ側にとって日増しに深刻になる問題を起こすことがあります。ときには物事を細分化せず別個の問題を混同したりして細部が疎かになってしまうこともあります。

それから、書類作業や予算の支出に必要な順当な手続きを省いたり、不手際を指摘されても理解を求める為に合理的な説明ができないという話を人伝にときどき聞くようになり、先述した問題にも繋がるようになりました。

例のペーパーテストの話をした、情報屋の同僚もある程度気遣いができ、さほど差別的ではなかったのでその話し方も客観的でしたが、先述したような問題が生起する可能性を裏メッセージとして僕に伝えていたのだと思います。

例の後輩については、普段の人当たりが悪くありませんでした。しかし、ときどき垣間見えた過激な解釈や言動からは、矢張り、彼の場合は規格外かもしれないと直観させられもしました。

といっても、こちらで紹介したようなひとの人格を否定するつもりはありません。当時は僕も人生経験が浅かったからそういうたぐいのことにまで気付き難かったというのが実状でした。でもこういうことって、学校ではけっして教えてくれないけれど、社会では重要なことなんですよね。


といっても、僕自身、けっこうそそっかしくてかなり方向音痴だし、ADHDアスペルガーの傾向があるので、現場の仕事をしているとときどき勘違いされることがありました。

事実、そうした状態が原因で学生時代に障害者手帳を取得しようと考えたこともありました。しかし、自分の場合は超方向音痴なこと以外にときどきイラッとしたりして気が散り易くなることがありますが、気質によるところが大きいです。

そして、年齢を重ねるにつれて短所をカバーする為の技術を習得していきましたので、以前ほどはハンディになっていません。

難しい話になりましたけど、学業でも職業でも資格の取得でも趣味でも尽力したいことは、自分の能力や適性や社会情勢を分析し、複数の立場のひとの意見を参考(先入観を入れないで客観的意見になるように配慮し)にしたほうが無難だということです。


参考サイト
www.skincare-univ.com


参考作品
www.amazon.co.jp


関連記事
ydet.hatenablog.com
ydet.hatenablog.com

広告を非表示にする