精神的遊牧民

北海道の海辺に輝く朝焼けのように清らかなブログ

自己愛性パーソナリティ障害

ネット上を中心に、話題になっている自己愛性パーソナリティ障害について興味がありますので紹介してみます。自己愛性パーソナリティ障害とは、SNSの普及に伴い増えていると言われている自己愛の強いパーソナリティ障害です。

私事ですが、過去にこのパーソナリティ障害の重症と考えられるひとと何度か火花を散らしながら睨み合う機会がありました。その為、あのひとたちの習性や症状については比較的詳しいほうです。

一般論としても、自己愛の強すぎる人間と深く関わったり、刺激することはリスクのあることです。自己愛性パーソナリティ障害の場合、無意識での自己評価が低いのが特徴ですが、その反動からか普段は自分が特別な存在であるという思い込みに支配されています。

あのひとたちの場合、そうした自己像を指摘する声には耳をかたむけず、突然、ドアが閉じるかのように遮断します。そうした現実と向き合う機会に、怒り声をあげて逆ギレすることがあります。

このパーソナリティ障害の特徴を、分析したサイトをリンクしておきますので、興味のあるひとはチェックしてみてください。


参考サイト
mora110.blog.fc2.com
www.nurse-worker.info

意外でしたが、僕も、チェックしてみたら少しその傾向がありましたので気を付けねば...。しかし、全体的にパーソナリティ障害の重症の場合、自己認識したり客観視する姿勢は取りませんし、傾向がある場合はときどき注意することで問題を回避や緩和させられるでしょう。

このパーソナリティ障害の重症の場合は、自己像を守る為に事実を捻じ曲げることがあります。また、自己像が否定されていると感じ、相手が恐るべき人間でなかった場合は、突然、怒り声や叫び声で話を遮ったり、他人の家のリビングに土足で押し入るような真似も平気でするでしょう。


あのひとたちの場合、無意識にある自己像を指摘する意見があると恫喝したり、偏向した情報を以って協力者に仕立てたひとと共謀したりして、法外な態度を取ることもあります。

事実、そうした場合にその相手について、アルコールやパチンコやギャンブルなどの依存症であったこと、借金があったこと、戸籍に関することなどを話しているのを見聞きしたり、人伝に聞いたことがあります。

ちなみに、僕は、基本的に悪口や悪評に興味はありません。現実に悪口や悪評はたいてい僕のところでストップします。その為、『噂のシュレッダー』などと言われたことがありましたね。

また、このパーソナリティ障害が重症の場合は、個人を陥れる為に法外な方法で落とし穴を掘る場合もあります。しかし、特に重症な場合は、個人を陥れる為に一方的に法外な方法を取っていても墓穴を掘っている可能性があります。

それから、このパーソナリティ障害の重症の場合は、酒癖が良くありません。理由は、自己評価が低いという制圧されたいびつな面が表に出易くなると、他のひとに絡むなど多少問題のある形態で現れ易くなるからです。境界例パーソナリティ障害にもこのパターンは多いように見受けられます。

これは、私事です。この数年間の僕の飲酒は2~3日に1回、少量を気分転換に飲むくらいですけど、飲みに行っても絡んだり暴れることはなく、どちらかというと自分の世界に入り込んでうっとりするタイプです。