精神的遊牧民

北海道の海辺に輝く朝焼けのように清らかなブログ

思想的価値観

以前の僕は、友人たちとキリスト教の教会に行っていたこともあり、思想的にはどちらかといえばリベラル寄りです。

しかし、未成年の頃から神社仏閣は身近な存在でしたので、ときどき参拝することがあります。これは宗教心からではなく、大和民族であることからくる日本文化への敬意や親和性によってです。

こういうことを言うと、疑問を感じるひともいらっしゃるかもしれませんが、実際にキリスト教関係者のなかには宗派を問わず神社を参拝するひとはいますし、大規模な神社にはキリスト教圏の国のひとたちもよく参拝に訪れます。

昨今は、神社の境内を破壊するなど、信仰の対象とも考えられているところに対し、卑しい蛮行をはたらいた一部の不届き者が話題になりました。しかし、実際には反日国と言われることもある国の外国人たちも観光や参拝に沢山訪れていて、けっこうフレンドリーな印象がします。

f:id:ydet:20141231173552j:plain
f:id:ydet:20170605062348j:plain

キリスト教関係者や外国人が神社を参拝する場合も、日本文化への敬意や親和性によってです。ついでにこれは経験的な教訓ですけど、猫と教会と神社が好きなひとに不寛容で悪いひとはいません

といっても、この三つとも好きなひとはほとんど居ないかもしれませんね。ちなみにこの内の一つでも蛇蝎の如く嫌っている場合は、なぜか不自然なひとや不可解なひとが多い気がします...。

f:id:ydet:20170605062435j:plain


日本では、宗教というと統計上の信者数の多い幸福の科学日蓮系の新興宗教をイメージするひとが多いと思います。ですが僕の場合は幸福の科学日蓮系の新興宗教の信徒やカルトやテロ組織や反社会的勢力消防団や防犯団体のメンバーではありません。

また、そのようなところの活動には定期的に関わったことはありませんし、上記のどのコミュニティにも加入したことはありません。もしも加入したときはこちらも含めて思想的価値観に言及しているところでは正々堂々と公表します。

これは、一般的にもある程度知られていることですけど、総体的に、日蓮系の新興宗教の場合は外国人やジャーナリストと会ったり、他の都道府県に行くときや他のメンバーの細かい素行についても報告義務のあるところが多いです。

僕の場合は、同年代の標準的なひとと同様に、そういったプライバシーや財産権を含む人権が侵害される可能性があることには同意できませんし、過去に同意したこともありません。

僕が、いままでに加入したことのあるコミュニティは、どちらかと言えばリベラル寄りの一般層の多いコミュニティが多かったですけど、加入時に間接的な方法も含めて必ず自分の意向でいつでも抜けられることの確認を取ったところのみです。

どこも、比較的自由できちんとしたところでしたし、一般的なコミュニティの場合、一般常識や普通の感覚で考えればプライベートに関することは他のひとには関係ないことです。ですからそういうことまで具体的にどうこう言われることはありませんでした。

関わったことのあるコミュニティも、どちらかと言えばリベラル寄りの一般層の多いコミュニティが多かったですけど、リベラル寄りのひとたちはやさしいひとが多いので人間関係の問題は少なかったです。

僕の思想的価値観が、リベラル寄りといってもそんなに極端ではありませんが、視野を広める為にリベラル寄りの購読物を複数取っていた時期がありました。しかし、実際の思想的活動は、一般層が中心に参加している脱原発平和運動のデモに数回参加したことがある程度です。

しかも、その時期も、鶴見済さんのデモに行くときに缶ビールを飲むことがあるという発言に影響され、そのときの気分で低糖質の発泡酒を片手にあるくくらい自分の気分を大切にしていた人間です。

ちなみに、僕は基本的に護憲派で、自衛隊が他国に侵攻することには賛同しませんし、好戦的なタイプや軍事オタクなどではありません。

しかし、自衛隊の存在や国防思想を否定していませんし、先制攻撃を仕掛けられて安全保障に関わる有事のときは、中東の小国イスラエルの『周辺から同情されて滅びるよりも応戦して生き延びる道を選ぶ』といった価値観を参考にしてあらゆる方法で対処するべきだと考えています。


また、僕は『基本的に戦争には反対やろ?』や『自殺や人口減少問題は解決されるべきやろ?』などと思想や社会問題に関し、漠然と聞かれた場合は簡潔に『せやな!』といった具合に返答しています。

僕は、自分の価値観と意見を持っている人間です。今回、こちらに書いた内容は学生時代から一貫しています。ですからシンパシーを感じているひとの意見にも明らかに同意できない場合は『何言うとんねん!』や『NO!』と言ってきました。

こちらに書いたことについては、相手に関係なく、具体的に聞かれたときや関連した話題になったときははっきりと言ってきました。

しかし、場合によっては敢えて具体的に対応をしないことのほうが良いこともあります。以前、ある知人は年配の一般層の知人から『カ○○○○○が関わっているデモに参加することに興味があるがどう思うか?』といった質問をされたことがありました。

僕は、そのようなデモなどに興味はありませんが、上記の難しい質問をされたひとの場合、ひとによっては拒否感のあることでも、表現の自由内心の自由は認められなければいけないことから、『そういうことは自分で決めればええやん!』といった意味の返答をし、相手に判断を委ねたとのことです。

たしかに、世の中には、意見や対応を求められても自分にはあまりにも難し過ぎると感じた場合は、どうとでも解釈できる対応をしたり、笑顔や難しい表情でごまかしたり、具体的な対応をしないことで問題を回避する処世術が必要なときもあります。また他のひとの基本的な権利や意向を軽んじて価値観を押し付けることはよろしくありません。

こちらのサイトも、個人がハンドルネームで運営しているという前提の空間ですけど、思想的価値観に関する話をしています。そういった場合は、自分自身の価値観を含めた参考になる話をしたほうが公正だと思いましたので、どうとでも解釈できる表現を含めて言及しています。


それから、最近、自殺のサイト界隈に注目されている可能性がある、あることが本文を執筆するきっかけ(一応自殺のサイトとも呼ばれるサイトの主催者でもあるので)になり、ジェットコースターのような勢いで書きました。

近年、国家や民族間の主戦場は、現実からサイバー・スペースやアウター・スペースへとシフトしたと言われています。しかし、テロ組織のリクルートの場もサイバー・スペースへとシフトしつつあります。

そして、今年(2017年)の春からジャーナリストたちの界隈にある噂が広まったそうです。その内容は、テロ組織の指導者たちが食い物や自爆テロの実行犯にする為、基本的な権利を侵害して私産を収奪したり、心理操作し易い自殺願望のあるひとを定期的に探しているといった内容です。

ついでに、その話にカルトに共通している特徴を中心に補足させていただきますが、自殺願望があることに加えて単身で身寄りが少なく、比較的人生経験の浅い若年層や崩壊家庭出身者や精神疾患やハンデのあるひとが中心に狙われている可能性が高いのではないでしょうか。

カルトやテロ組織のリクルーターと考えられるひとが近付いてきて、そのひとの容姿が整っていたり身なりがきちんとしていても、常に自分たちへの外部からの攻撃と被害を主張したり、特定の個人に対して一方的に非難するようになったら注意してください。
 
一般企業の場合も、リクルーターの身なりはきちんとしていますけど、特にカルトやテロ組織でリクルート時のリクルーターの身なりがきちんとしている場合はヤバいところが多いです。

どうヤバいのか、ずばり言うとグループの内在論理に目的の為なら手段を選ばないということが含まれている可能性があるからです。例えばカルトやテロ組織の場合は、規模の大小に関わらず、どうしても民族着や動き易いラフな私服になる傾向があると思います。

にもかかわらず、リクルート時のリクルーターの身なりがきちんとしている場合は、そのグループにはリクルートの能率を高める為に本来の姿を変えるという、目的の為のショートカットが行われている可能性があります。

だから、その場合、そのグループでは目的の為なら手段を選ばないことをする可能性がある、ということになります。個人の場合であれば問題になる場合は多くありませんが、グループの場合はヤバい場合が多いです。身に覚えのある自殺願望のあるひとはお気を付けください。

ついでに助言しておきます。ヤバいという直観がしたときも状況によっては、相手を怒らせないタイプのぶっ飛んだ態度を取って普通の人間ではないと思われたり、外部からの介入を促すといった規格外の対応をしたり、寝込んで特に何の対応もしないというのも良策になることがあります!


参考サイト
datsu-cult.geikyu.com


関連記事
ydet.hatenablog.com
ydet.hatenablog.com

広告を非表示にする