精神的遊牧民

精神的に遊牧民化しているミニマリストのブログ.

シュリンクラップ契約の教訓

高信頼社会や先進国のコミュニティやシステムを維持する際、ユーザーや運営者側に適応されるルールは、読み易く具体的に明示し、理解を求めることが不可欠です。

ルールのなかに、ユーザーの言動に関わる内容が含まれている場合は尚更です。そうした場合も、前提として、読み易く具体的に明示し、コンセンサスの成立が必要です

一般常識で考えた場合も、上記条件に該当していない内容であれば、大義に基づいたものであっても蓋然性が疑われて無効になる可能性があります。

ちなみに、IT業界ではソフトウェア利用許諾契約について、ユーザーがソフトの包装を開封することで契約が成立したことにするという手法があります。シュリンクラップ契約と呼ばれているものです。

しかし、規約内容が書かれた契約書を確認していなくても、規約内容に同意したことにするという強引な仕組みには、米国を中心にユーザーや商法を専門に扱う法曹家たちからその正当性と有効性を疑う声があがりました。

また、シュリンクラップ契約には、ソフトの購入歴があり、以前の規約内容をある程度読んでいた可能性のあるひとが、ソフトを再購入しても規約内容が更新された場合、その確認ができない状態で同意させられることになるという問題もありました。


そのように、読み難く具体的に明示されていないことやコンセンサスなどに関することで問題が起きた場合、そのことを指摘する声があがれば問題になる可能性があり、ソフトを提供する企業側は責任を問われる可能性があります。

そうした仕組みを、他のサービスを提供する側とユーザーの関係に応用して分析しても分かりますが、読み難く具体的に明示されていないことまでルールとするようでは、その正当性と有効性を疑う声があがっても仕方のないことです。

ちなみに、こちらの画像は、通行人であふれかえる札幌の狸小路を自転車で疾走する東アジア系の外国人と見られた女性。この場合は明らかに彼女のほうに問題があります。

f:id:ydet:20170602134136j:plain

日本は、相手が血縁のあるひとや友人や恋人以外でも騙し合うことの少ない高信頼国ですが、論理よりも、情緒や空気が優先される傾向がありました。

そして、論理学や弁証法が普及し、何をするにも公正な契約書を交わす習慣のある諸外国とは、ルールに対する考え方が多少異なりました。

しかし、国際社会の視点から見て時代錯誤であったり、公正ではない不寛容なルールを基調にしたりする場合、フェアな社会であるとは言い難いでしょう。

ちなみに、シュリンクラップ契約はDL販売が主流になっていったり、有効性を疑う声があがったことなどで減少していきました。