精神的遊牧民

精神的に遊牧民化しているミニマリストのブログ.

書籍『僕はなぜ小屋で暮らすようになったか』

今回は、高村友也こと寝太郎さんが上梓された『僕はなぜ小屋で暮らすようになったか』の話を中心にしていきます。


書籍『僕はなぜ小屋で暮らすようになったか』

『僕はなぜ小屋で暮らすようになったか』は、先月8日に同文館出版から出版されました。

なんと本書は、ミニマリストのガイドではなく、著者の自伝です。寝太郎さんの幼少期から雑木林に小屋を立てて暮らす、現在の生活に辿り着くまでの話が中心に収録されています。

また、本書には山梨の静かな雑木林に二束三文で土地を買い小屋を建てた話、最近神奈川の河川敷にも土地を買い拠点を増やした話も収録されています。

それから、本書には結局のところその時代の平均的な生き方をする人が、一番得をしやすいように社会システムが設計されているといった意見が紹介されています。

こうした話は、近年ネット社会を中心に活躍している人たちが言うようになりましたが、僕も同意です。たしかニートのphaさんなども、各所で同様の発言をされていました。

ところで、都会での生活に疲れた人は、雪が深々と降る日も針葉樹に囲まれた小屋の中、薪のストーブで焼いたパンを食べながらひたすら個人的なことに意識を傾けている人間がいることを思うと、すこし穏やかな気分になりませんか。

個人的には、ネット世代なのに世捨て人と文明の狭間にいるようなところにもシンパシーを感じました。
f:id:ydet:20181008075037j:plain


現代版『森の生活』

本書は、寝太郎さんのシンパである僕には読みやすいし、ミニマリストや小屋暮らしの実践者の自伝としても良書です。

とはいえ、元書店員の立場から言わせていただくと、こういうタイプの本は読者層が限られてくるので、ミニマリストや小屋暮らしのガイド本に比べるとたくさんは売れないと思います。

ただし、典型的な資本主義国である日本で、小屋暮らしを実践していた人間の自伝であるということであれば、意外と海外受けするかもしれません。

それから、本書はシンプルライフミニマリストのバイブルになっているソローの『森の生活』の現代版として解釈してみると、読書家には理解されやすいかと思います。

ちなみに、森の生活とは湖畔に自力で建てた小屋での思索や文明社会に対する考察が中心に書かれ、アメリカ文学の名著にもなっている本です。
f:id:ydet:20181008075054j:plain


精神的人生への接近

ところで、寝太郎さんの自分と社会との間に横たわる溝や孤独に対する考え方や彼女との失恋経験には、つい昔の自分自身を重ねさせられました。

というのも、僕の場合、二十代後半のある時期にいろいろなことがあって引越しをして自分を変えようとしたからです。その際、長い期間交流のあった友人や知人たちとの人間関係を続け、自分なりに仕事をしながら、文明社会と距離を置こうとしました。

僕は結局、洗濯機と冷蔵庫とガスコンロと炊飯ジャーと給湯器を手放す程度でしたけど、周囲には標準的なところからやや逸脱したパンクな印象を与えていたかもしれません。

なぜなら、当時はシンプルライフミニマリストに興味を持っている人はすくなく、こうしたことを実践している人は周りにもいなかったからです。

TV番組を見ないことが、イカしているみたいな論調が出始めた時期でしたが、こちらも周りでは他に実践している人はいませんでした。


幸福の基準

僕は、『僕はなぜ小屋で暮らすようになったか』を通読し、世の中には自分と他人とを比較することが幸福の基準になる人とそうでない人がいる、ということを再認識させられました。

ちなみに、多数派の人は前者になるのでしょうが、僕は後者です。

こうした価値観については、人格が形成されてくる青年期までの環境も関係していると思いますが、生得的な気質によるところのほうが大きいと思います。とはいえこれはどちらが優れているといった話ではなく、単純に環境や気質に基づいた話ということになります。

ところで、僕の場合、文明社会と距離を置くために実践したことは、洗濯機と冷蔵庫とガスコンロと炊飯ジャーと給湯器を手放す程度でしたけど後悔はしませんでした。

ちなみに、この間も年長の友人たちから『やっぱり、流石に不便じゃないの?』って、今までに何回も指摘されてきたことを言われました。そのときは、『おかげでこの時季はバターが美味しい』などと応えていました。

というのも、バターの話をしたことには合理的な理由があって、なんでかっていうと冬場は室温で保存できるからです。だから僕が定期的にバターを買えるのは、冬場しかないんですよね。

こういう感じで、僕の場合、2000年代後半から幸福を感じるハードルを低くしてみることにしたわけです。

あと、最近、ある知人と食べ物の魚介類の話をした際、北の方ではイクラの密漁が深刻で川辺に鮭の死体が散乱しているという話になったのですけど『なんならその鮭、拾って食べたいね(笑)』なんて言っていました。もったいないから。

尚、本書は読了してから、すこし時間が経っていますので抽象的な表現が多くなりました。

今回はその不足点を補うため、こまめに視点を切り換えたり、自分の話を絡めたりと合わせ技を駆使した説明になりました。


参考書籍

僕はなぜ小屋で暮らすようになったか 生と死と哲学を巡って (DOBOOKS)

僕はなぜ小屋で暮らすようになったか 生と死と哲学を巡って (DOBOOKS)


関連サイト
寝太郎ブログ


参考記事
ydet.hatenablog.com
ydet.hatenablog.com