精神的遊牧民

北海道の海辺に輝く朝焼けのように清らかなブログ

4-7-8呼吸法

不眠症の方に朗報です。今回は、誰にでも出来る安眠する為の呼吸方法の紹介です。

こちらの記事の情報源は、珍しくネット経由ですけど、NAVERのまとめからです。

この呼吸方法は、4-7-8呼吸法と言われています。実践してからたった1分で眠ることが出来るということでも知られているそうです。

こちらで4-7-8呼吸法をシンプルに説明しておきます。


1.口から息を吐き出します。ゆっくりと少しヒューっと、音が鳴るようにして全部吐き出します。

2.口を閉じて4秒かけて鼻から息を吸います。

3.7秒間息を止めます。

4.8秒かけて口から息を吐き出します。この時も少しヒューっと、音が鳴るようにします。

5.上述した2~4のサイクルを後3回繰り返します。


誰でも実践出来ますので、まだ試したことのない人はいかがでしょうか。

高確率で眠りに付く為には、肺活量ぎりぎりのところまで吸引する空気と吐き出す息の量を調節することが必要です。

何故、この呼吸方法で高確率で眠れるようになるのかというと、最終的には副交感神経の動きを活発にし、心拍数を穏やかにさせることでリラックスさせているのでしょう。

ゆっくり息を吸うことで取り込む酸素量が増加し、息を止める時間を長くすることで、酸素が血流に影響を与える時間が出来ます。そしてゆっくり息を吐き出すことで肺から二酸化炭素が吐き出されます。

一時的には、酸欠状態になりますけど、心拍数が穏やかになっていくことで眠りに付ける仕組みになっています。

4-7-8呼吸法を考案したのは、米国のアリゾナ州立大学のDr.アンドリュー・ワイルという健康指導者です。けっこう論拠の乏しい自論の持ち主としても知られているそうですけど、この呼吸法についてはノーベル賞ものです! そのくらい素晴らしいですよ。

但し、起床してから12時間以上経過していて、実践する3時間以内にコーヒーや紅茶や緑茶などのカフェインを摂らないことと激しいスポーツや運動を控えることは成功させる為の必須条件です。

ついでに、就寝前や夜間にこちらをロムしている方もいらっしゃるでしょうから、心地良い眠りに結び付き易い海原の画像を添えておきます。どうぞ。

f:id:ydet:20151014102636j:plain

参考サイトmatome.naver.jp
naverのまとめ

広告を非表示にする