精神的遊牧民

北海道の海辺に輝く朝焼けのように清らかなブログ

雨の中の紫陽花

f:id:ydet:20150924231535j:plain
若葉の美しい季節になったと思っていたら、あっという間にうだるような暑さが続くようになっていましたけど、ようやく天候が落ち着いてきましたね。秋の気配が深まってきました。

今週末は、全国的に時々雨が降るところが多いようです。草花にとっては恵みの雨なのでしょうけど、僕の住んでいる地方では、10月になると天候が他の地方と比べても小刻みに変化し易く、日照時間が短くなることが特徴です。

ですから、僕は毎年10月が近付くといっそのことさっさと冬になればいいとさえ思うことがあります。皆さんがお住まいのところはいかがでしょうか?

今回の画像は、以前合宿に行った際の山登りをしていた時に見掛けた紫陽花です。

こちらの紫陽花は、小雨の降る夕方に咲いていました。銀糸のような雨水に洗われながらひっそりとです。

僕は、昔から紫陽花のフォルムが好きなのですけど、花弁が所々青紫に染まっている一般的な品種ですね。

さっとここまで書いて然り気無く紫陽花の花言葉を調べてみたら、移り気や高慢や変節といったややネガティブな意味があるそうです。

僕は、どうもこういった初歩的なことについて無頓着なところがありますので誤解され易いですけど、不快にさせる意図はありませんのであしからずご了承ください。

ちなみに、紫陽花のことを調べてみたら発祥地は日本だということが解りました。紫陽花はフォルムが美しいですからシンプルにご鑑賞ください。

雨の中の紫陽花は、見掛けてからある程度時間が経っていますけど、現地に居た時の記憶ははっきりしています。

インスタント食品を食べたり外食する人達が多い中、自炊した玄米とライトツナ缶とトマトばかり食べていたことが関係していたのでしょうか。

この地方は、物価が安く、スーパーでは形が不揃いの新鮮なトマトが手頃な価格で販売されていましたけど、濃厚で美味でした。

後、スーパーに買い出しに出掛けた際、路上で格闘家のエンセン井上さんを見掛けたことがあります。

屈強な仲間と3人で口論されていた様子(怒鳴り合っている程ではなかった)でしたけど、迫力があってかっこよかったです。

ジロジロするのは無礼ですから長時間見ていた訳ではないですけど、びっくりです。

広告を非表示にする