精神的遊牧民

北海道の海辺に輝く朝焼けのように清らかなブログ

Bライフ研究所は何処へ?

今回は、いのちの駅にリンクしているBライフ研究所(http://www.blife.asia/)についてです。Bライフ研究所は、以前こちらの記事で紹介したこともありました。

ydet.hatenablog.com

しかし、今月初旬からアクセスが出来なくなっています。

最初は、一時的にサーバーがダウンしているのかと思いましたが、しばらくエラーになっていました。

ブログの方にも、通知されていなかったので気になっていましたが、あちらは小屋暮らしのパイオニア的存在で最も有名なところでもあります。

管理人の寝太郎さんは、放浪癖がありますのでひょっとしてついに失踪されたのでしょうか!? ヤバいことになって飛んだりしていなければいいのですが・・・。

事情がありそうですから、この度、いのちの駅にリンクしているBライフ研究所を、休止や閉鎖カテゴリに移動させるのではなく、Bライフ研究所のサブコンテンツであった寝太郎のブログ(http://mainennetaro.blog.fc2.com/)の方にスライドさせるという特別処置を取ることにしました。

最近は、ネットへのアクセス環境が多様化していますから、いっそのこと、テキスト中心の個人サイトは、信頼出来る大手のブログに統合させていくというのも合理的な選択ですね。

この場合、専門的な技術がなくてもアクセスしたデバイスによって、自動的にテキストが最適化されますし、一元化することによって管理が楽になりますよね。

後、サイトやホームページを作る場合、打ち込みではなく、JimboやWixといったウェブサイトビルダーを利用するといった選択などもそうです。

寝太郎さんは、ある程度社会的な影響力もありますので、大手の掲示板にウォッチしているスレッド(『寝太郎』で検索すると出てきます)が存在しています。

寝太郎さんは、日本の風土に入ると極端な個人主義者と考えられる可能性はありますけど、すくなくとも一般的な人から非難する目的で執念深く付きまとわれたり、恨みを買うような人柄ではないとも考えられますし、Bライフと呼ばれるようになった資本主義と距離を置いた小屋暮らしというのは、欧米圏の先進国では実践者の多い活動とされています。

そもそも、個人ブログというのはブログ主の私的領域ですし、寝太郎さんは特に問題になりそうな記事を執筆していた訳ではないのに、某掲示板で地縛霊のようになった方に乱暴なコメントを不自然な程大量に付けられていたことでも気になっていました。

何はともあれ、僕は読者の一人としても寝太郎さんが妙なことに巻き込まれたりしないで、サイトやブログの方を元気に再開されることを願っています。

ちなみに、僕も一応ネット世代ではあるけれど、頻繁にネットを利用している訳ではないですし、細部は余裕のある時に校正しています。ですから、再開の情報などをキャッチされた方は教えていただけると嬉しいですね。

参考書籍

www.amazon.co.jp

www.amazon.co.jp