精神的遊牧民

北海道の海辺に輝く朝焼けのように清らかなブログ

スティーヴ・ジョブズと名言

今回は、やや前回の記事の補足的内容にもなっています。明晰な頭脳と特別な知性の持ち主だったあのスティーヴ・ジョブズの学生時代は、ユダヤやキリストやイスラムやアニムズムや太陽神や座禅やヒッピー文化やビートルズグレイトフル・デッドに心酔していて、成績は平均的でした。

彼は、裸足で校内を徘徊したり、興味のない科目を履修することを放棄していたそうですから、お世辞にも優秀とは言えないですし、大学を中退しています。

彼が生前に残した『私は、本当に好きなことしか続けられないと確信している。何が好きなのかを探しなさい。あなたの仕事にも、恋人にも』という言葉は名言で、今も世界中の多くの人の記憶と心に残っています。又、彼は『ハングリーであれ。愚か者であれ』という名言を残していますし『海軍に入るくらいなら、海賊になったほうがいい』という名言も残しています。

生き辛さを感じた場合、その環境に固執したり執着せずに、現在地の一つに過ぎないというマインドで、シンプルに取捨選択していくということも正解です。

スティーヴ・ジョブズも『シンプルであることは、複雑であることよりも難しい時がある。物事をシンプルにする為には懸命に努力して思考を明瞭にしなければならないからだ。だが、それだけの価値はある。なぜなら、ひとたびそこに到達できれば、山をも動かせるからだ』という名言を残しています。

僕は、先程の若者の自殺問題という記事の中で、世代に関係なく、自殺願望や精神的な問題を抱えている方で、TVを視聴する時間が長い方には、TVを観ないようにすることをお勧めしていると言いました。

スティーヴ・ジョブズも『TVを観るのは、自分の脳のスイッチをオフにするためであり、コンピュータで仕事をするのは、脳のスイッチをオンにしたい時でしょう』という名言を残しています。

もう一つ、メッセージがあります。人生はたったの一度きりですから素敵な夢を見ましょう、そして自分の人生を生きましょうよ。

スティーヴ・ジョブズも『ユーザーはより幸せでよりよい人生を夢見ている。製品を売ろうとするのではなく、彼らの人生を豊かにするのだ』という名言を残しています。又、彼は『あなたの人生は限られている。だから他人の人生を生きたりして無駄に過ごしてはいけない。ドグマ(教義、常識、既存の理論)にとらわれるな。それは他人の考えた結果で生きていることなのだから。他人の意見が雑音のようにあなたの内面をかき消したりすることのないようにしなさい。そして最も重要なのは、自分の心と直感を信じる気持ちを持ちなさい。それはどういうわけかあなたの本当になりたいものをすでによく知っているのだから。それ以外のことは、全部二の次にしなさい』という名言も残しています。

ご清聴、ありがとう。