精神的遊牧民

北海道の海辺に輝く朝焼けのように清らかなブログ

いのちの駅に追加したサイト

最近、カルト宗教脱出レポ(http://datsu-cult.geikyu.com)というサイトをいのちの駅に登録させていただきました。

僕自身は、こちらのサイトで名称の出ている団体すべてに否定的な訳ではありません。団体名の出ているところの関係者の方と懇意にさせていただいたこともあり、個人的に敬意を払っている方もいます。

そもそも、カルト宗教脱出レポで指摘されている、勉強会や街頭での募金活動やビデオ上映会や労働奉仕といったことは一般的な団体や社会的に信用度の高い団体でもよく行われていることでもあります。

以前中央の専門家に聞いたところ、一般的には穏やかとは言えないイメージがある新興宗教(キリスト教から日蓮系まで)と呼ばれる宗教団体の信徒はアウトローから公務員にも多いそうですけど普段は慎み深い人や謙虚な人が多いです。

また、こういった団体では経済から労働観まで一般社会というより、儒教の影響が濃いところが多いそうです。特にある程度年収のある場合であっても民族団体や宗教団体や関連施設などにそのほとんどを寄付している場合などは、一般的な人と環境が異なりますのでその点には注意する必要があります。

こちらでは上述した思想の内面的価値や善し悪しについて言及するつもりはありませんが、自殺のサイトや精神系サイトを利用されている方にはこの種のことで問題を抱えている方も多くいらっしゃいました。

ですから、前述させていただいた仕組みについてはある程度意識しておくとトラブルを未然に防ぐことが出来るのではないでしょうか。

カルト宗教脱出レポで扱われている内容は、日本のメディアでは報道されることは少ないです。関係者の方やそうではない方も、興味のある方はどうかお気を悪くなさらないでください。

客観的にトラブルを未然に防ぐ為の処世術や、無難に長期的に付き合っていきたい場合もその為の参考程度にお読みくだされば幸いです。

<追記> この記事の中で宗教に関するお話をしています。又、カルト宗教脱出レポでは共産主義統一教会に批判的な意見が強調されていましたので補足しておきます。

自分自身は、学生時代から資本主義よりもやや共産主義や民主社会主義寄りの価値観の持ち主でした。右か左かと聞かれれば、左側になるでしょう。保守かリベラルかと聞かれれば、リベラル寄りの人間です。極端ではないですからそんなにマイノリティではないですが。

後、以前定期的にキリスト教の行事に参加させていただいていた時期もありましたけど、現在は宗教活動をしている訳ではありません。

私的領域での言動であっても、その辺りの立場を明示しておかなければフェアではないと感じましたので、追記というかたちで補足させていただきました。

とりわけ、宗教に関する情報を扱うと誤解されて困る可能性がありますので、今回の記事はいのちの駅の説明文からリンクを張らせていただきます。ご理解ください。

参考書籍 http://www.amazon.co.jp/Q-A%E5%AE%97%E6%95%99%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%96%E3%83%AB110%E7%95%AA-%E5%B1%B1%E5%8F%A3-%E5%BA%83/dp/4865560017www.amazon.co.jp

こねこの心療内科

もう一つ、最近いのちの駅に登録させていただいたサイトがあります。こねこの心療内科というサイト(http://s.maho.jp/homepage/f8fed8i553c186b7/)です。

こちらは精神系サイトなどの常連だったこねこさんが運営されているサイトです。しばらく休止されていますけど、いのちの駅の休止カテゴリに登録させていただきました。

僕は、自殺のサイト管理人というよりも関係者の一人として、自分に正直で愚かな女の子が作ったこのちっぽけで無名に近く、荒削りではあるけれど綺麗なサイトが、何時までもいつまでも多くの人の記憶と心に残ることを願います。