精神的遊牧民

北海道の海辺に輝く朝焼けのように清らかなブログ

町と人

f:id:ydet:20150408132424j:plain 僕が現在住んでいる日本海側の港町のことを『活動家やアウトローの町』だとか『○○県の足立区』といった形容をされる方がいらっしゃいます。場所柄、確かに反権力意識が高く、アナーキーなイメージを抱く方は多いです。

保守層が多い地方でありながら、前述した要素が突出していますから、そういった意味では特別な地域です。

僕自身は遺伝子や気質や教育環境は、北方の人に近いです。北方以外にも首都圏や京都や大阪やイギリスの人(全体的に多様性に寛容で、クラブやレイブやロックといったラディカルなカルチャーの発祥地や盛んな音楽的エリア)とは価値観が共通しているところが多いです。

ちなみに僕は他の地方の人と話をしていると『全然○○県の人らしくないですね』といったことをよく言われます。遺伝子や気質や教育環境は、現在住んでいる県の一般的な住民とはだいぶ異りますから当然です。

現在住んでいる町には、教育環境や宗教等に起因した価値観が僕とは異なる住民も多いです。その為、当初は困惑させられたこともありましたけど、約7年住んでいますから同年代の一般的な方々と同様に帰属意識は高くはなくとも愛着はありますね。

とはいえ、僕は一ヶ所に10年以上住んだことはまだないんだよなあ。基本的にはB型気質でマイペース、普段は淡白で無頓着だからな。

広告を非表示にする