精神的遊牧民

北海道の海辺に輝く朝焼けのように清らかなブログ

松代そば善屋のきそば

少々間が空きましたけど、前回に引き続き乾麺の話をしていきます。特に独身の場合は、パスタや冷麦や干し素麺や干しそばといった乾麺を茹でて食べるという発想がない人が多いですし、味がイマイチなイメージを抱いている方も多いと思います。

でもですね、生の麺で購入してきた物と比較してもそんなに大差はないということが解ります。いつも同様の麺だと栄養が隔たる可能性がありますけど、乾麺だと保存出来ますからパスタや冷麦や干し素麺や干し蕎麦を交互に茹でてもけっこういけます。

いささか前置きが長くなりましたけど、今回は松代そば善屋のきそばを紹介してみます。松代そば善屋のきそばは、このメーカーのベストセラー商品で、関東や信越の規模の大きいスーパーの乾麺のコーナーに置いてある干しそばです。

こちらのきそばは、200gで約200円で販売されている場合が多いですから、この分野では中間的な価格に設定されている商品ですね。

きそばのパッケージはそんなに目立つデザインではなかったのですけど、購入のきっかけはあるスーパーの売り場で五列も場所を取っていたのと、越後松代という文字が気になったことです。

越後のそばというと、魚沼という地域が発祥のへぎそばという小麦粉の代わりに海藻の布海苔を練り込んだそば(緑色の物が多いです)が有名ですけど、松代のある十日町も全国的にそばの産地として有名な地域だったことを思い出しました。

後、実を言いますと、最近の僕は市販されている乾麺のへぎそばの方が気になっていて、複数のメーカーのへぎそばを購入していました。

しかし、へぎそばのついでに購入した松代そば善屋のきそばの方が気に入り、こちらにも海藻の布海苔が練り込んであることが解りましたので、きそばを紹介するはこびになりました。

ちなみに乾麺のへぎそばも、滑らかで弾力があり、布海苔の風味がしていてけっこういけますよ。

ただ、細かい製法が異なっても成分が共通(きそばには小麦粉が入っていて、へぎそばには小麦粉が入っていないという多少の差異はあります)していて同じそばであるなら、優れていると考えられる方を紹介するべきでしょう。

f:id:ydet:20150406191818j:plain f:id:ydet:20150420132121j:plain