精神的遊牧民

北海道の海辺に輝く朝焼けのように清らかなブログ

料理の話

引き続き料理に関する話ですけど、前回の補足的内容になっています。料理という行為は鍋やフライパンに注意しながら、同時に食材をカットしたり、味付けをしたり、五感を駆使する創造的な行為ですから、脳にも良いらしく応用力や発想力が付いたりします。

ちなみに僕の場合、料理をするようになってから水道水を利用する時(うがいや入浴の時も)、強めに通水するようになりしました。蛇口にゼオライトと炭の入ったフィルターキャップを付けるようにもなりました。

これは水道水に含まれる塩素を軽減させ、鉛や金属を除去する為です。知らない方も意外と多いですけど、病気になり難くなりますし、シミやソバカスやニキビの予防にもなります。

料理をすると、このようなことに注意が行き易くなりますね。読んでもすぐに内容を忘れてしまう自己啓発書やビジネス書(売れ筋のタイトルだったとしても)よりも、知性や理性を高めたり、維持することに有効だと思います。

しかし、僕自身は記憶力にはそんなに自信がなくて細かいレシピは忘れ易いという短所がありますから、普段はシンプルな料理しか作らないというか、作れないというのが実情です。

以上、自殺のサイト管理人による料理の話でしたー。

広告を非表示にする