精神的遊牧民

精神的に遊牧民化しているミニマリストのブログ.

地方には古民家という財宝が眠っている

最近は、ようやく天候が落ち着いてきて秋の気配が深まってきましたね。

早朝は、肌寒い日もありますから、
個人的には夏の暑さと九州や四国方面等の南方の気候を好意的に感じることが増えてきました。

南方といえば四国を連想する人もいるかもしれませんが、最近の僕は東京から高知県に移住して地域コミュニティのレポートをしたり、野宿者の支援誌であるビッグイシューオンライン版の編集長をしたりしているイケダハヤトさんという有名なブロガーがいます。

ちなみに、イケダハヤトさんが
発行するイケハヤマガジンというメルマガを読んでいるのですけど、無料版もあり、読者が千人を超えるくらい人気があります。

近年、南方の地方では熊本や高知県に全国から移住する人が増えていますが、僕は広島の尾道で移住希望者に無償で空き家になった古民家を提供している尾道空き家再生プロジェクトというNPOの活動に以前から興味がありました。

その活動に、興味を持ったきっかけは『漫画実話ナックルズという廃刊になった実話系漫画雑誌(こういう本ばかり読んでる訳ではないです)です。その雑誌で、尾道空き家再生プロジェクトを利用してゼロ円で一軒家をゲットした漫画家のつるけんたろうさんの日常をレポートしていた連載を読んだからです。ちなみにその連載は最近朝日新聞出版から出版されました。

 

参考書籍

0円で空き家をもらって東京脱出!

0円で空き家をもらって東京脱出!

 

 

その連載を読みはじめてからから、この地域のオープンな招聘活動に好感を感じていました。そもそも日本は、国土の割に人口密度が極めて高く、人の住み難い山間部が多いということもあり、人口が集中する都市部の地価や家賃が高いという問題があります。

f:id:ydet:20181008073519j:plain

 

だから、地方の空き家になっている古民家を再利用し、移住希望者に提供するという発想と活動はすごくいいです。

移住した方が、地域コミュニティの様子をブログやTwitterで頻繁にレポートされていますし、住民の気質はオープンで余所者にも寛容な土地柄とのことです。

 

参考サイト

尾道市空き家バンク - 尾道市ホームページ

「まず現地に来てください」100軒の空き家再生を実現した移住サポートの「現場主義」 – 尾道 - WirelessWire News(ワイヤレスワイヤーニュース)