精神的遊牧民

北海道の海辺に輝く朝焼けのように清らかなブログ

心の故郷

以前お話しましたけど、僕には心の故郷があります。今回はその辺りのガイドをしてみます。しかし、どうしても伝わり難い部分もあるでしょうから、シンプルに気候と公共交通と物価と民度と美人度を記号(☆)で評価したものを添えてみました。

星の数の最高値は5で、気候は天候が安定している程高くなり、公共交通はバスや電車の乗り場と便が多い程高くなり、物価は安い方が高くなり、民度グローバル・スタンダードに近い程高くなり、美人度はその場所出身というより、その場所周辺で知り合ったり散策した時に観察した方を参考にしています。

いずれのエリアも自分が終の住み処に考えたことのある良さも悪さも知っているところで、ついでに京都等を加えることも考えましたが、関西まで行くと夏季の気温が高く成り過ぎることから外しました。特に7〜9月上旬の関西の暑さが尋常ではないことはよく知っていますので。

今後も見落としに気付いて同様の記事を執筆する可能性はありますけど、例外なく雑誌やネットのいい加減な評価を参考にしたものではなく、直接自分の足で歩き、五感を通してエクセレントだと思ったところをチョイスする予定です。当分そのような予定はないですけど。

現在の僕自身は、ある地方都市在住でけっこう快適なので当分現在地に住む予定でいますけど、紹介しているエリアは地方で自殺とか考えているリベラル傾向のある方にお奨めしたいエリアだったりもします。

今回、こちらで紹介しているエリアに共通している点は、全体的に外国人と移民が多いことと、公共交通機関が発達していることです。

広告を非表示にする