精神的遊牧民

北海道の海辺に輝く朝焼けのように清らかなブログ

境界線の話

最近自我と外側の世界との間に横たわる境界線について考えていて、以前こまめに通っていた本屋の女の子が薦めてくれた書籍のなかに中野雄一郎さんという方の『聖書力』というすてきな本があって、その86ページを読み返していたら気になったからです。
広告を非表示にする