精神的遊牧民

北海道の海辺に輝く朝焼けのように清らかなブログ

ささやかな時間

人間の脳は、他の人のミスやネガティブな感情は記憶しやすく、逆のことは普段忘れてしまいやすいという性質がありますが、私は心のやさしい多くの人達にささえられてきました。

日中、訳あって細雪が舞う氷点下の街を、長時間歩いていました。白くてやわらかい雪の上を歩く自分の足音を聴きながら、そういったことを考えいそいそと歩いていました。

相変わらず吹いている風は冷たく肉体的には疲労しましたが、ふしぎと苦しくはなかったです。

この時季は、未だ陽が暮れるのが早く夜が深くて寒いですから、皆さんも独りで暗い道を歩いている時とか静かな場所で風が通り抜ける音を聴いた時などに感じているのかな、冬を。
広告を非表示にする