読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

精神的遊牧民

北海道の海辺に輝く朝焼けのように清らかなブログ

書籍『無気力製造工場』

無気力製造工場とは、1994年12月9日に太田出版から鶴見済さんが出版した本で、様々な雑誌に書いていた原稿を一冊の本にまとめられたものです。内容は、カルチャーの紹介・事件・社会システムにまで及び、独自の言説や多角的な視点で解説されていますが、扱っている事柄よりも著者が個人として事象に向き合う姿勢に興味を惹かれました。『リバーズ・エッジ』などの作品で知られる漫画家の岡崎京子さんとの対談も収録されています。

本書は、発行されてから17年という歳月が経ちましたが、価値観の多様化している現代にこそ受け入れられそうな文脈の本です。

前回、紹介した漫画家の森恒二さんにも通じますが、普通の人というか平均的な人なら扱いそうにない繊細な問題やシステムという壁に、聡明なロジックを以て真摯に向き合う著者の姿勢が僕は好きです。
 

www.amazon.co.jp