読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

精神的遊牧民

北海道の海辺に輝く朝焼けのように清らかなブログ

社会問題

日本人拉致事件

日本人拉致事件近年の僕は、北朝鮮による日本人拉致事件を扱ったサイトをときどき見ています。日本人拉致事件とは、1970~1980年代を中心に北朝鮮の工作員によって、極秘裏に日本人が拉致された事件です。1970~1980年代には、日本国内で日本人が不自然なか…

相談窓口と相談機関

相談窓口と注意事項引き続き相談機関に関する記事です。ほとんどの相談機関ではまじめでしっかりした人が相談に乗ってくれるでしょう。しかし、前回の記事で指摘したように、相談機関のなかには相談機関としての事業が落札制になっていて、相談業務とはほと…

相談機関について

相談機関と注意事項今回は、相談機関に関する記事です。センシティブな話も含まれていますので、不快感を感じられる人がいましたらお詫びしますけど、相談機関のクライアントになることを検討されている方や初心者の方に役立つ内容になっています。最近は、…

宗教と確証バイアス

新興宗教とセクトやカルト近年、近所に新興宗教の施設が増えています。具体的には統一教会とキリスト教プロテスタントの施設がです。自殺率の高さと、人口減少が深刻とされている日本海側の地方の港町でのことですよ。新興宗教以外にも、新宗教という呼称が…

表に出難かった自殺問題の要因

今回は、以前から書こうかどうか迷っていた内容ですけど、久し振りに自殺関連の話題です。一般的に、自殺問題の要因としては経済と健康と人間関係の問題が挙げられることが多いですけど、今回は一般的なメディアというか研究書にも載っていない情報です。表…

依存症の話

依存症と日本社会依存症は、日本でも徐々に理解を得られるようにもなってきましたけど、欧米の先進諸国の国民に比べると日本人は依存症というものが本人の責任ではなく、他の先進諸国では病気として認知されていることをまだ意識しなさ過ぎます。僕自身は、…

ノブレス・オブリージュの精神

欧米社会とノブレス・オブリージュノブレス・オブリージュは、貴族や王族といった上流階級や特権階級の者が平民に施しをしたり、寛容さを示す精神のことです。ノブレス・オブリージュは、欧米社会では立場の安定している者が自分よりも立場の不安定な者に、…

出会いや選択と幸福度

最近、気になるニュースを見掛けました。2ちゃんねる利用者の高齢化と老舗サイトの閉鎖についてですけど、ソースは東京ブレイキングニュースです。n-knuckles.com記事の中で説明されている通り、SNSは基本的に個人個人を繋ぐツールです。特定のコミュニティ…

自殺問題と経済苦

今回は、自殺問題と経済苦の話が中心になっています。近年の日本の自殺者数は、統計上は3万人を下回っていますが、実際には減少していない可能性があります。最近、自殺者の実数という記事の中で、自殺者の実数が11万人や18万人であるという説には、論拠が乏…

バラエティ番組と特殊な同調圧力

バラエティ番組この7年間、殆どTVを観ていません。とはいうものの、まったく観ない訳ではなく、出先でTVがあるところからは観ています。この7年間、TV番組を意識して視聴していた年間の平均時間はせいぜい20分です。どちらかというと短い方だと思いますけど…

日本の自殺者の実数

近年の日本の年間の自殺者の実数についてです。 近年、ネット上を中心にWHO(世界保健機関)の基準では変死数の半分を自殺者数としてカウントするようになっているのに、日本ではこの計算方法は採用されておらず、WHOの基準で日本の年間の自殺者数を計算する…

十代の自殺

最近の話ですけど、住んでいる地方で気になる自殺がありました。内容はわずか一月足らずの間に、十代半ばの高校生が2人自殺するというものでした。こちらでは、WHO(世界保健機関)の自殺報道ガイドラインを参考にし、最近は事情がない限り自殺事件の詳細を…

地方で生き難さを感じている人へ

ようやく梅雨が明けて天候が安定してきましたが、暑い日が続いていますね。皆さんはいかがお過ごしでしょうか?僕の方は、時々熱中症に成り掛けたりしてタイトな時間を過ごしていますけど、こまめに水分を補給したり健康管理に気を遣っています。皆さんも熱…

完全自殺マニュアルを通して現代社会を考える

現代の若者は情報リッチ 最近、久し振りにGhettoに設置している、いのちのチャットに出没してみて、ある方とお話する機会があったのですけど、主に若者や四十代半ばまでの年齢層の方は、全体的に見ると情報リッチですよね。スマホやタブレットのおかげでリテ…

若者の自殺問題

今回は、日本の若者の自殺問題のお話です。1998年以降、日本の自殺者は14年連続で3万人を超えていましたが、2012年からは3年連続で3万人を下回るようになり、年間の自殺者は全体的に減少傾向にあります。 しかし、若者の自殺問題は極めて深刻で、15〜39歳の…

カップ麺と反知性主義

僕は時間や経済的に余裕がない時でも、家ではパスタや干し蕎麦や干し素麺を買ってきて調理することが多いです。多少余裕のある時は生麺を買ってきて調理することが多いです。 僕は幸せのハードルが低い人間ですから料理をしていたり、料理のことを考えている…

カップ麺と反知性主義2

時間や経済的に余裕がある時でもカップ麺を主食にしている人が増えているということは、近年の日本社会に反知性主義が蔓延し、つまらないことで余計ないさかいが起きる要因にもなっています。 また、以前から僕は過度に競争原理が働いた社会には疑問を感じる…

在日と日本社会

今回は在日韓国人と日本社会についてです。韓国は来月22日から特別永住者の在日韓国人に対し、住民登録証を発給することになっています。 在日韓国人が韓国に住民登録されるということは、日本で難民として扱われていた永住許可が取り消されることを意味しま…

遊牧民的コミュニティ

近年の僕のフィールドワークの対象は、シェアハウスやゲストハウス等のコンパクトコミュニティというか、遊牧民的コミュニティです。 落ち着いていて気が向いた時に学生やフリーターが中心のところから教職員や外国人が中心のところまでたまに寄っていました…

コミュニティに関わる際の注意事項

昔から新しくコミュニティに関る際に注意していることが三つあります。 多額の金銭を要求されないこと。悪口や陰口を言うことが目的になっていないこと。脱退したり活動を休止してもペナルティがないことです。 コミュニティに関る際の注意事項は、知人達か…

田舎の事件

今回は宮崎県の田舎のある市で発生した事件の話です。しばらくネット上で話題になっていましたので、ご存知の方も多いかもしれませんけど、田舎のある市で市長をやっていた参議院議員に批判的だった、女性ブロガーの死に関する内容です。 この女性は、2009年…

代々木公園の閉鎖問題

9月23日の反原発デモ『さよなら反原発全国大集会』の会場についての話です。渋谷区の代々木公園から台東区の亀戸中央公園という交通アクセスが不便な場所に変更されていましたね。問題になっていたデング熱は、病院で適切な治療を受ければ死亡率は1%程度であ…

朝日バッシング

今回は、相変わらず続いている朝日バッシングについてです。皆さんは朝日新聞の従軍慰安婦の誤報問題をどう思われますか。個人的には、人間は間違いを犯すものであり、謝罪広告を掲載したり反省している様子ならもう非難するべきではないと考えています。僕…

監視カメラとプライバシー

去年、新潟の町の中心部を歩いていて気になったことがあるのですが、とにかく監視カメラの数が多かったということです。バスの中にまであり大変驚きました。 公共施設とその周辺であれば、ある程度は理解出来なくはないですけど、町中に設置されている監視カ…

幸福度のキーポイント

アメリカでセレブ達の日常を扱ったドラマを長期間視聴している労働者階級や中産階級の人は、ドラマの登場人物達と自分の日常を比較するようになり、精神病や社会不適応者になってしまうという傾向があるそうです。 ちなみにヨーロッパ人の場合は、全体的に自…

労働とお金の話

日本の一般的な労働者の場合、会社から給料を頂いているという考え方の人が多いようです。しかし、特に対面の仕事であれば、給料は会社ではなく、お客様や利用者様から頂いているという考え方の方が適切ではないでしょうか。 この考え方は、お客様や利用者様…

パチンコとギャンブル依存症の話

先日、ギャマノンという家族・友人等のギャンブル依存症の問題で苦しんでいる人達の自助グループのミーティングに参加させていただきました。私自身は依存症ではありませんけど、心身の病気と向き合う上で依存症という病気を知ることは、以前から重要なこと…

労働観

今回は労働観のお話です。日本では“会社=家”であったり“社員=家族”のような解釈をする傾向があります。しかしながら労働とは、会社という家の為に行う奉仕活動や自己実現などではなく、労働者が本人や家族の為に労力と時間を売り、対価を得る活動のことで…

日曜日に紹介する金曜日の本『世界が決壊するまえに言葉を紡ぐ』

前回は、タイトルの都合上、どうしても土曜日の内にアップする必要を感じ、何となく思ったことなどを段落ごとに書いている途中でアップしてしまいましたが、ひどい文章になってしまったことをお詫びいたします。近日中にさっと校正処理を施す予定ですが、先…

土曜日に紹介する金曜日の本『世界が決壊するまえに言葉を紡ぐ』

秋葉原にパソコンを探しに行ったついでに、秋葉原無差別殺傷事件が起きた通りを見学してきました。秋葉原無差別殺傷事件とは、2008年月6日8に自殺願望と未遂歴がある加藤智大(かとうともひろ)という25歳の青年が秋葉原の歩行者天国に自動車で突入し、車外に…

憲法の話

以前自民党の日本国憲法改正草案についてお話させて頂きましたが、まだ言い足りないので、もう少しお話させてください。先進諸国の憲法には、ナショナリズムというフランス革命から生まれた国民主権をあらわす考えがべースになっています。国家ありきの国民…

学校教育の話

日本の平均的な公立学校では、授業中に教員が一通り解説してから、質問がある人や問題の答えが解った人は手を上げるように言っても殆んど反応しないという珍現象があります。仮に問題の答えが解ったり興味のある分野なので話をしたくても、集団の見えない同…

日本国憲法改正草案について

来月の参議院選挙の争点に憲法改正が浮上しています。自民党の日本国憲法改正草案は断片的に読むとまともに思えるかもしれませんが、戦争への反省や平和的生存権が抜け落ち、国家が個人の価値観にまで言及するという異質な内容となっています。注意すべきは…

雇用と賃金の話

非正規雇用が増えたり、デフレで賃金が下がっているといわれていますが、日本では1997年頃から主要先進国の中で、唯一賃金の低下傾向が続いているという深刻な問題があります。日本の正規雇用の場合、一説によれば事業所が負担する年金や保険料などの福利厚…

非正規雇用と最低賃金の話

日本の非正規雇用の世界では、熱帯夜や真冬日の夜間に夏季手当てや冬季手当てもなく時給1000円以下で現場作業に従事させられたといったとんでもない話なども聞いたことがあります。非正規雇用に多い現場労働の世界がそのように過酷で保障が少ないのであれば…

日本社会と自殺の話

統計では3月が最も自殺者が多い月ですので、久し振りに自殺のサイトらしく自殺の話をしましょう。日本社会では自殺の要因となるマイノリティや立場の弱い個人への弾圧や迫害があっても、被害者は声をあげ難く適切な相談先も見つかり難くなっていました。 し…

山谷の話

山谷(さんや)とは南千住(みなみせんじゅ)駅から泪橋交差点方面に進んだところにある大阪釜ヶ先の西成と並ぶ日本最大のドヤ街のことです。山谷には以前から興味がありましたので、所用が重なり関東方面を回ることになったついでに散策しに行ってきました。…

日本人の悩みの話

現代の日本人の悩みの多くは、会社や学校などの現実の社会で見られていた強制でもないことへの迷惑な押し付け(『いいじゃないかいいじゃないか』とか『嫌よ嫌よも好きのうち』といった意思の弱い人間の中でとくに弱い方が“みんなの中の自分”みたいなのを意識…

相談するということ

自殺やメンタルヘルス等の現実では相談し難い個人的な問題等で、困ったらインターネット上でも良いと思いますので、まずは相談してみましょう。自殺やメンタルヘルスに関することであれば、自殺やメンタルヘルスの各専門機関に相談してみることも良いでしょ…