精神的遊牧民

精神的に遊牧民化しているミニマリストのブログ.

陰謀論と宗教

最近、陰謀論者には、創価学会を含む新興宗教などからの迷惑行為の被害を主張している場合がけっこう多いことに気づきました。

しかし、創価学会については、最近学会にとっての最高法規である『創価学会会憲』という憲法ができました。こちらの創価学会会憲には、各地の法令を遵守することが含まれています。


参考サイト
会憲|創価学会公式サイト


したがって、とくに陰謀論者のブログやSNSで指摘されているほど、創価学会を含む宗教団体が問題を起こしていることは多くないと思います。

そもそも、日蓮系のほとんどの新興宗教の場合、公的機関と同様に監査部などの監査や監察を目的としたセクションが設けられています。

それゆえ、迷惑行為や違法行為などが確認されれば、問題を起こした信徒は制裁の対象になる場合があり、陰謀論者が主張しているよりも実際の問題行為は多くないと思います。

ちなみに、創価学会という団体はまったく問題がないわけではないけれど、教義にも関係している立正安国論の思想は創造性と結びつくことで、会員の他の思想を持つ相手にも配慮した勤勉さは生産性と結びつくことで、社会や人を育てます。

それから、僕は創価学会をはじめとした新興宗教政治団体や行政や営利法人や公益法人や自殺防止団体などのウォッチャーをすることがありますが、こうした経験からもそう思っています。

とはいえ、僕は宗教団体や公的機関などの本部や監督機関に、毎月のように意見書を提出している活動家ほど熱心なわけではありません。

ちなみに、創価学会会憲については昨年の誕生日に読んだ『独裁の宴』という本で知りました。この本は最良の知性を持った二人の日本人の対談で構成されていますが、細部に洗練された知性が宿っています。

北海道と新潟と沖縄における、自民党のプレゼンスや公明党北朝鮮情勢の分析なども興味深く拝見させていただきました。


参考書籍


参考サイト
新宗教の信者激減 10年後に消滅する教団も│NEWSポストセブン


参考記事
ydet.hatenablog.com
ydet.hatenablog.com