精神的遊牧民

精神的に遊牧民化している人間の個人ブログ。柔軟で型破りな言論が特徴です。

さまざまな知性

唐突ですけど、知性にはさまざなまかたちがあります。

一般的に日本社会では頭が良いひとというと、“速い知性”の持ち主であることを意味する傾向があります。速い知性とはどういうことかというと、瞬時に計算をしたり効率良く事務作業をしたりする能力のことです。

これに対して、“遅い知性”と言うのも存在します。遅い知性とはどういうことかというと、中長期的に物事を分析したり予測したりして戦略を練ったり予期し難い事態への保険を掛けたりする能力のことです。

こういうことをいうと、『そういうことを言えば、誰だって長い時間を掛けたほうが適切な答えが出せるのではないか』といった意見があるかもしれません。

しかし、こちらで説明している遅い知性とは、標準的なひとや速い知性のみ極端に発達しているひとが長い時間を掛けて出せる答えを、ずっと短い時間で引き寄せることのできる能力でもあります。

これは、近年注目されている“グリット”というひとつの作業や活動を継続して行うことのできる、各分野の成功者に多く見られる能力とも関係していると思いす。

この二つの知性を提唱したのは、行動心理学者ダニエル・カーネマンというひとですが、もともとはファスト思考とスロー思考という言い方で形容されていました。


参考サイト
matome.naver.jp


ちなみに、遅い知性のほうは、マイノリティのひと(在日韓国人在日朝鮮人部落民など)は発達しているひとは少ない気がします。とはいえ、皮肉を言ったり遠回しに非難をしたりしているのではありません。

なぜならば、同程度の教育水準の標準的な日本人とマイノリティのひとを比べると、逆にマイノリティのひとのほうが速い知性が発達している印象がするからです。公務員から民間企業の社員の場合もですが。

しかし、それゆえマイノリティのひとの間では、速い知性の持ち主でなければ優秀であるということにはならないように思います。

こういう場合、自分たちが基軸にしている能力が評価されるほうが、都合がいいということも関係しているのでしょう。ちなみにアウトロ―の場合もそういう感じがするという意見もあります。

速い知性が極端に発達していても、遅い知性とのバランスが取れていない場合、表面的な一部の情報で物事を判断し、それに基づいて思考作業をする傾向があります。このようなことは特定のバイアスが掛かっている場合にも起き易いです。

そのような場合、中長期的な作業を行うと判断ミスをし易くなります。こうした難点は、適切なカウンセリングやセラピーを受けたりメンターを持ったりすることで改善できます。

とはいえ、標準的な日本人の場合も、遅い知性が発達しているひとは少数派です。所感ですが、遅い知性が極端に発達しているひとは人口の約2パーセント程度だと思います。速い知性が極端に発達しているひとは人口の約10パーセント程度だと思います。

ちなみに、この速い知性と遅い知性は、中野信子さんが『脳はどこまでコントロールできるか?』という著書の中でも脳の速いシステムと遅いシステムとして解説されています。興味のあるひとはどうぞ。


参考書籍


総括します。結局、速い知性と遅い知性のどちらかが極端に発達していなくても、適度にバランスの良いひとのほうが、人生の幸福度が高くなり易いのではないでしょうか?

なぜならば、社会というのは標準的なひとが得をし易いように設計されているようにこの頃は感じられるからです。

あなたもそう思いませんか?

広告を非表示にする

陰謀論と宗教

最近、陰謀論者には、創価学会を含む新興宗教などからの迷惑行為の被害を主張している場合がけっこう多いことに気付きました。集団ストーカーやガスライティングと呼ばれる事象の主張です。

しかし、創価学会については、最近学会にとっての最高法規である『創価学会会憲』という憲法ができました。


参考サイト
www.sokanet.jp


創価学会会憲には、各地の法令を遵守することが含まれていますので、特に陰謀論者のブログやSNSで指摘されているほど、創価学会を含む宗教団体が問題を起こしているということは稀だと思います。実際には精神疾患の症状や気のせいによる場合も多いでしょう。

感情の行き違いによる些細なトラブルだったり、被害が微小だったりする場合は我慢をすることも大切です。僕は当事者ではありませんが、昔はいまより控えめな性格でそういう時期に集団ストーカーやガスライティングと呼ばれる事象に多少興味を持つようになりました。

特に、陰謀論者のブログやSNSでは、法外な方法で情報を収集したり、法外な方法で収集した情報を参考にした活動があったり、その為のコンスピラシーがあったといった意見があります。

人権思想や法的観点から考えれば、法外な方法で収集した情報には、陰謀論者が述べているような、事前に本来の目的や収集される情報が利用される範囲について正確に告げずに収集した情報も含まれます。

また、そうした際にどうにでも解釈できたり、曖昧に返答したりしたことを都合よく解釈した情報なども法外な方法で収集した情報に含まれます。

しかし、実際にはどこの組織や団体もさまざまなかたちで、多少の情報収集活動をすることはありますので、相手にデメリットを発生させるようなことがなければ問題視されることはないと思います。

ちなみに、特定の団体などにかかわらず、人権侵害や法外な行為によって尊厳を損れたり私産を収奪されたりした場合は、特定の観察域や可聴域のほうに訴えることで実現する、円状の動作によっても取り戻すことができます。


f:id:ydet:20180226033001j:plain


付記しますが、日蓮系のほとんどの新興宗教の場合は、公的機関と同様に監査部などの監査や監察を目的としたセクションが設けられています。

ですから事情があっても、人権侵害や法外な行為などが確認されれば、問題を起こした信徒は制裁の対象になる場合があります。ですから陰謀論者が主張しているほど実際の問題行為は多くないと思います。

とはいえ、僕は創価学会をはじめとした宗教ウォッチャーのひとりで、宗教団体や公的機関の本部や監督機関などに、毎月のように意見書などを提出している活動家ほど熱心なわけではありません。

しかし、もしどうしても気になることがあってそういうことをする場合は、関係者にも配慮し、言い方や文章や伝え方を工夫したほうが良いでしょう。

ちなみに、創価学会会憲については昨年の誕生日に読んだ『独裁の宴』という本で知りました。この本は最良の知性を持った二人の日本人の対談で構成されていますが、細部に洗練された知性が宿っています。

北海道と新潟と沖縄における、自民党のプレゼンスや公明党北朝鮮情勢の分析なども興味深く拝見させていただきました。


参考書籍


参考サイト
内閣人事局
www.news-postseven.com



参考記事
ydet.hatenablog.com
ydet.hatenablog.com

広告を非表示にする

陰謀論と教養

近年は、教養ブームです。

大規模な書店に行ってみると、社会人向けの数学や日本史の実用書や参考書が目立つところに陳列されていますよね。

たしかに、社会に出てから学力の欠点を補完して見聞を広めようとしたり、本格的な教養を習得することで豊かで実りの多い人生にしようとしたり、昇進や資格取得などを目的にしたりして地道に勉強をしているひとは少数派でしょうけどある程度います。

しかし、そういうひとは自らそういうことを話すことは少ないと思います。小難しい本は古典文学くらいしか読まないで漫画ばかり読むこともある、そそっかしい僕が言うべきことではないかもしれませんが。

ちなみに、陰謀論の極端な信者になると読書ノートを作ったり、重要箇所のメモを取ったり、感想や内容や概要をブログやSNSにまとめるといった、知識を定着させたり応用したりする為に必要なことを実践していることは少ないです。また陰謀論の極端な信者になるとときには専門書を流し読みする程度で、その学問をマスターしたと言い出すこともあります。

以前、そうしたタイプのひとに『最近はキリスト教に関心があるんですよ。とりあえず詩篇からマスターしていこうと思うんで、聖書の詩篇について簡潔に説明してみてください』などと、ある程度専門的な知識があっても咄嗟には答え難い質問を、唐突にされたことがありました。しかも対応をしている途中で、頻繁に話を遮られたり要約されたりしましたので、言いがかりを付けられているような気分になりました。

こちらで指摘したようなことが目立つ場合、陰謀論などの検証が難しいマイナーな分野に、コンプレックスや自意識や自己愛を絡めていくことで、自分が特別な存在であるなどと夜郎自大な方向に突き進み、他者や世の中に優越感を抱いているのかもしれません。

そして、ひょっとすると自分のことをクールなアウトサイダーや知識人のように思っているのかもしれません。しかし一般常識を理解できる大人からすれば、人目をはばからずに肩で風を切って歩くほど自意識と自己愛が過剰なピエロのようにしか見られていないと思います。

ちなみに、相手の客観性や正当性などを分析する場合、そのひとが書いた文章を読めば程度が分かります。またこういう情報分析方法は一般的ではありませんが、そのコンテクストの流れから人間性が低信頼型なのか、高信頼型なのか、といったことも高確率で分かります。付記すれば、高信頼型のひとは低信頼型の情熱的なひとから絡まれたり言いがかりを付けられたりして困惑させられる場合があります。

論理や理屈が通じず、天国のノートに名前がないと考えられる方が迷惑な言動を取っていても、理性的に受け答えするべきです。

人間としてさほど成熟していなかったとしても、多少の客観性と良識があるなら、こちらで紹介した陰謀論者のようにはならないように気を付けなければいけません。

これは、僕も注意していることです。気を付けよう。


参考書籍


参考サイト
www.itmedia.co.jp

広告を非表示にする

粋な交渉

唐突ですけど、パーソナリティ障害や自意識過剰な傾向のあるひとについてこう思います。

自分も他人事ではないかもしれませんが、そのひとたちの場合、膠着し易い商談や交渉をするとき、自分は40を受け取って相手に60を与えるくらいに考えていると帳尻が合うのではないかと。

特に、相手にハンディや事情のある場合は配慮が必要です。そういった場合、相手が『ええ~っ!! い、いいんでしょうか...??』などと思える条件を提示するくらいが丁度良いのかもしれない。

そうした流れになれば、一般常識と交渉の基本を理解している相手であれば、『向こうは譲歩したのだからこちらもある程度引くようにしよう』という気になるでしょう。

そうなれば、余計なコストは掛かりません。相手にその交渉に応じる気があるか確認したい場合は、仮定法で質問してみるというのも合理的です。

もちろん、こういう感覚やノブレス・オブリージュの精神を共有できるかどうかは土地の風土にもよりますが、首都圏や関西の中心部ではこういうことは一般的になっています。

f:id:ydet:20180226031147j:plain

その一方、人口減少の深刻とされている一部の地方では、こういう粋な感覚はまだ普及してはいないようです。

しかし、細部の勝ち負けやどちらが上か下かといったことに固執したりして空気が重くなったりすると、人間が逃げたり、集まり難くなったりするでしょう。

f:id:ydet:20170605052850j:plain


参考記事
ydet.hatenablog.com

広告を非表示にする

公営住宅論

今回は、公営住宅に関する話です。

近年、首都圏に引っ越して行った知人たちの話を聞くと、URの公営住宅に入居したひともいました。

URの公営住宅の場合、しがらみがすくなく、民間の賃貸住宅よりも家賃が安くなることなどが魅力的なのでしょう。そうした事情も関係し、最近は地方から中央にどんどん人間が吸い込まれている感じがします。

いま僕が住んでいる町も、引越してきたときにはけっこう繁盛していた近所の書店やスーパーが閉店し、過疎っています。ちなみに人口減少が深刻とされている地方の郊外のほうです。

f:id:ydet:20180118082252j:plain


それから、数年前に何気なく、近隣の自治体が運営している公営住宅のサイトをチェックしていたら、中心部への交通アクセスがそこそこ良く、家賃の上限が1万円台の部屋の空き室が多いということに気付きました。遠方の自治体のほうも、あれこれサイトをチェックしてみたら同様の場合が多くて驚きました。

僕は、条件の良い公営住宅の空き室が余っているということを確認したとき、周囲に同様の意見を持っているひとはいませんでしたが、公営住宅を若年層にも提供するべきだということも、各地の行政関係者や市民団体にときどき訴えていました。

個人的には、住み易い場所について考えるときにはパターンが存在すると考えています。具体的には、『住むメリット』と『環境リスク』をクロスさせた4種類のパターンが存在すると考えています。これはどういうことかというと、下記に分かり易く簡易表記し、後述していきます。


住むメリットと環境リスクをクロスさせたパターン

①住むメリットが高く、環境リスクが高い
②住むメリットが高く、環境リスクが低い
③住むメリットが低く、環境リスクが高い
④住むメリットが低く、環境リスクが低い


前者の住むメリットとは、公共交通機関や住民の寛容さや美人度や物価の程度です。

後者の環境リスクとは、特に高信頼社会で拒まれ易い愚行権性の低い事件や事故や紛争や人権侵害の発生率です。それから労働基準法やハラスメントといった迷惑行為、コンプライアンス違反や自殺率や人口減少といった社会問題の深刻さの程度です。

先記の③と④に該当している場合、公営住宅の空き室がたくさん余っているなら、入居条件を緩和させて若年層にも提供していくことで、①や②になったり接近したりすることができるでしょう。ちなみに環境リスクが下がると住むメリットは相対的に上がる傾向があります。

それから、近年になって専門学校や大学卒業者の3~4割が、就職などで県外に流出している地方も増えているという、興味深い話を聞いたこともあります。

しかし、たとえば高校卒業者の場合、就職するにしろ進学するにしろ二十歳未満の人がほとんどなので専門学校や大学卒業者と比べると地元に留まることが多いですよね。

その場合、広報誌やオフィシャルサイトやSNSなどで、公営住宅が若年層にも提供されるという入居条件の緩和を通知すれば、先記のひとたちにも住居選択の幅が広がり、転出者が転入者を超える転出超過による社会減少の抑制になると思います。

また、地方の場合、首都圏に比べれば長距離の通勤になる場合が多いです。だから単身の若年層の会社員やフリーターや公務員も、職場の近くの家賃の安い公営住宅の空き室に入居し易くしたり、県外からの移住希望者に優先的な枠を設けたりしてみるというのも良いかもしれません。

現在の社会情勢を考慮すると、そのように家賃の安い公営住宅の入居条件を緩和させて提供していくことは、経済的な視座から中長期的スパンで考えても合理的です。

最近、先見性のあるところほど、若年層にも公営住宅を提供しはじめ、そのことをPRしているという話を聞くようになりました。

こういうことは、実現困難な理想論などではなく、いまあるコンテンツを再利用していくというシンプルなスキームですが、コストが低いというメリットがあります。

広告を非表示にする

認知の歪み

今回は、前回の記事の補足的内容です。

町内会や部落共同体などの高齢者が中心の地域コミュニティに、後から新住民がきて積極的に活動する場合、おもしろく思われなかったり、猜疑心などを持たれたりする場合があると思います。

ときには、余所者へひさしを貸し与えているように感じられている場合もあると思います。しかし新住民が適度に気前が良く寛容な場合は、先住民から歓迎されたり見逃されたりする傾向があります。

それから、しばらく高齢者と同居された経験のある方はご存知だと思いますが、年齢を重ねて認知機能が低下すると、身近なところに物事を曲解した嫉妬などが出易くなります。

これは、有名な話です。高齢になって認知機能が低下したり、生活のパターンが単調になったりしてくると身近な相手やパートナーが自分に対して盗みや浮気をしているのではないか、といった疑念が生じ易くなります。ときには別個の事象を混同したり、通常であれば問題にならないことを問題視したりすることもあります。

しかし、多くの場合は一時的な妄想です。これはさまざまな人間の思考を注意深く観察していたときに気付いたことです。

とはいえ、こちらで指摘した妄想は、高齢者以外のひとり暮らしのひとにも出ることがあります。ですから高齢者ではないひとも多少気を付けなければいけませんね。僕も気を付けよう。


参考記事
ydet.hatenablog.com

広告を非表示にする