精神的遊牧民

北海道の海辺に輝く朝焼けのように清らかなブログ

言葉と論理

口語のコミュニケーションの場合も、論理以外に言葉が重要になります。訛りのある場合も、話し相手が標準語しか話せない場合は、可能なら標準語で話すほうが適切です。なぜなら正確な論理の流れを共有する為には、共通言語を用いることが望ましいからです。

現在、自分自身は、地方の郊外に住んでいてインドアな割にはいろいろなところに行きました。さまざまひととの出会いがありましたが、気付いたことがあります。標準語が話せないから訛りのある言葉を使う場合は仕方ないし、自分も小学生の途中まで少し訛りがありましたのでいい加減なことを言うつもりはありません。

しかし、普段は標準語を話していても、極端な意見を主張するときに語彙を簡素にした方言や乱暴な言葉を繰り返すひとには不思議なひとが多かったな。おそらく、論拠に脆弱性があることを偽装して主張する際、有効だったのでしょう。


論理学には、トートロジーという概念があります。トートロジーを分かり易く説明すると、同語の反復を意味します。トートロジーは幅広く応用可能な安易な論法ですが、論理の範疇は極端に狭くなる為、論理的に破綻することはありません。

例えば、イスラム国のメンバーに対して確認の為、『あなたはイスラム国に加入していますか?』と質問しても、『私はイスラム教徒です』といった言い方でしかと返答しない場合、これがトートロジーです。

それから、トートロジーは、先述した例えのように倫理的な問題を含む思想信条に関することを偽装したり、押し通す際にも利用され易いのです。その為、論理学が普及した高信頼国の公共圏では利用すべきではないと考えられています。

また、こうした論法は、ビジネスの場でも利用した側が短期的には有利になることがあります。しかし、利用した側にとって長期的な問題や損を発生させ易くなるという瑕疵があります。

その場合、事後処理に莫大な時間や労力などが必要になってしまうことがあり、これも論理学が普及した高信頼国の公共圏で利用すべきではないと考えられている主な理由です。

また、トートロジーを使って対応されると、正確な返答を求める為、地道に論拠を提示していっても常に的外れな同様の答えしか返ってこないから、人間らしい正常な会話は成立しなくなってしまいます。

翻えって、質問者の側がトートロジーを使った場合も同様ですが、基本的に聴いたり答えたりする義務のないことに介入しないようにすれば、そのようなことは起き難くなります。


論理学に馴染みのないひとは、トートロジーは同語の反復で、安易な広い道であると解釈すれば記憶し易いでしょう。しかし、ある程度の人生経験のあるひとなら解ると思いますが、肝心な話し合いの場でこうした論法が使われた場合、トラブルに巻き込まれる可能性がありますので注意が必要です。

特に、論理構造にはいっさい触れようとせず、ただ感情に訴えてこうした論法を使われた場合、その主張を鵜呑みにするとトラブルに巻き込まれる可能性がありますので要注意です。

こうした論法が繰り返された場合、おそらく論理学に馴染みがなくても直観の鋭いひとなら、論理は破綻していなくても構造のほうに欠損があることで違和感を感じると思います。

もし、自分の側にこうした論法を使うひとが居て、長期的な問題や損が発生する可能性が発生した場合、素直にミスを認めてただでさえ複雑なことを更に複雑にしたり、大事にならないように取り計らうことは良策になります。

それから、語彙と人間性について私はこう思っています。ジョージ・オーウェルの小説『1984年』では、人間が機械のように管理された整然とした社会で、語彙が極端に乏しいニュースピークという言葉を話すことが強制されています。しかし、真の人間性とは主として教養によって培われ、ボギャブラリーや寛容さや感受性に比例します。


参考書籍
一九八四年

参考サイト
【5−2】トートロジー(循環論法)に気をつけよう | シンクロン・ナレッジ
狭き門より入れ - 故事ことわざ辞典

関連記事
ydet.hatenablog.com

広告を非表示にする

人間について考える本

僕の場合、学生時代から愛読しているカミュドストエフスキーやヘッセなどの文学を通しても、人間と人間の真理について学びました。最近もときどき読み返しているヘッセの本をチラッと紹介してみます。

神学への造詣が深い、孤高の作家ヘルマン・ヘッセ(1877-1962)は僕の人生に影響を与えた人物の30位以内に入っていると思いますが、『シッダールタ』と『荒野のおおかみ』の2冊は何回読み返したことだろうか。


荒野のおおかみ
初老の放浪者ハリー・ハラーのアウトサイダーの魂が描写されています。主人公は普通の人間ではありませんが、かれの場合、自分を突き放して対象化しているので内省的な面があります。車輪の下の主人公が少年期のヘッセ自身がモデルになっていたように、ハリー・ハラーにも執筆時のヘッセ自身が投影されています。


シッダールタ
釈尊の少年期から出家していっさいをあるがままに受け入れ、悟りの境地に至るまでが描写されています。リズミカルな文体ですが、著者の洞察と思慮の深さが伝わってきます。寡黙な川の渡し守だったヴァズデーヴァが発光し、統一と森のなかへ入っていく宗教的描写は、真に精神的な者にしか書けない。


参考書籍
荒野のおおかみ
シッダールタ

社会契約と自殺問題

国際社会で先端とされている、英語圏や欧州北部の先進諸国では、移民が多く、多文化共生の社会です。その為、自分と他人は違っていて当たり前だということが前提になっています。しかし、出身地や血縁や文化的背景の異なるひとが同じところに住めば、当然、多少の誤解が生じます。

ですから、さまざまなかたちで社会参加や契約をするときに、些細なことまではっきりと意思確認し、書類で契約を交わす習慣があります。

日本の場合は、契約に関することで順当な手続きやコンセンサスが行われないことで、精神疾患や自殺問題の原因になっている可能性もあります。

昔、知人たちから助言されたことでもありますが、そのような可能性のある場合、書類などはスキャンし、交渉時の双方の詳細な言動はノートにメモするなどの方法できちんと記録することも良いと思います。

契約書類の内容がフェアではなく、提出しないならその旨と氏名と日付を該当書類や関連書類の隅などに追記してから、スキャンしておくというのも良策です。

尚、提出期限後の場合、日付はファイルに記録されるExifとの整合性がずれないよう当日にしてください。そういうものも改ざんすれば調査で判ります。

重要な書類の場合、可能であればネットにアクセスできないデジタルカメラなどを用い、保管作業にもネットにアクセスできる機器の利用は控えて専用のところに保管してください。ファイルをコピーしたり、紙に複製する場合、普段立ち寄る場所にあるコピー機は利用しないようにしてください。

リスクマネジメントの観点から、後に生起する可能性のある問題は逆算し、その成立に必要な歯車をずらし、噛み合っていない状態を立証できるよう数寄を凝らしておくことも良策です。

こういうことを言うと、『ものすごく面倒なひとだ』と思われるひともいらっしゃるかもしれませんが、こういうことはお互いの行き違いや誤解を緩和させ、理解を深めていく為にも必要なことだと思います。


それから、日本も国際化を進め、移民を沢山受け入れるなら、日本では主流の学問ではありませんが、地理戦略に必要な地政学ディベートに必要な論理学を普及させることが望ましいと思います。

なぜなら、国際情勢は変化しても地理は変化しないし、国際社会では知恵や知識を駆使して理解を求めたり、誤解を解いたり、妥協点を探る能力が必須だからです。社会の空気や文化の比較についても学ぶ機会を増すことも望ましいでしょう。これらは生きる為、生き延びる為にも必要なことです。

もちろん、流暢に英語が話せることも望ましいでしょう。読書家ならハルキ・ムラカミの話を、外交に関心があるならチウネ・スギハラの話を英語でできることも望ましいでしょう。

といっても、僕の場合、英語でのトークはカタコトです。僕は、ADHDの傾向があるので思ったことをついそのまま言うことがあり、誤解され易いのですが、自分を過大評価してはいません。

英語については、ヒアリングのほうも、比較的シンプルな文法であったり、ゆっくり話された場合に多少聴き取れる程度です。


参考書籍
論理的に考え書く力
図解 世界史で学べ! 地政学


参考サイト
matome.naver.jp
www.itmedia.co.jp

ネット社会とモラル

こちのブログ『精神的遊牧民』は、更新頻度がマメなほうではありません。しかし、以前書いていたテキストを中心に最近まとめてアップしてみました。

推敲はさっとしかしていませんが、過去に見聞きした内容が中心になりました。原文を損なうほどではありませんが、物語性が高くなって複数の解釈が可能な文章が多くなりました。

最近、ときどき地政学の本を読んでいることも関係しているのかもしれませんが、これは宿痾なのかもしれません。尚、今週以降は、更新する予定はしばらくありません。それからこちらのブログは、ひょっとするとBloggerに引っ越すかもしれません。

今までに、こちらのブログも直接注意や問題視する声が寄せられたことはありませんが、Bloggerのシステムとレスポンシブwebデザインに興味がある為です。

しかし、はてなブログも使い易くて気に入っているので微妙な心境です。はてなは、人伝に聞いてもIT関連の企業のなかでもユーザーの評判も良いです。B層の利用は少なく、高信頼国にふさわしい高信頼企業のモデルになっています。ですから多くのユーザーが利用しているわけです。

それから、ときどき利用させていただいているPC向けのネットのサービスを運営している企業だと、Googleはもちろんですけど、ブログ村やサイバー・エージェントの評判が良いですね。

といっても、ブログ村からときどき送られてくるアンケートには余裕があって気が向いたときにしか記入していないし、紹介した企業が好評を得るように取り計らう目的で今回の記事を書きはじめたわけではありませんが。


参考サイト
www.hatena.ne.jp
www.google.co.jp
www.blogmura.com
www.cyberagent.co.jp


こちらのデータのほうは、定期的に保管していますのでそのデータ形式と互換性があれば移管作業は容易です。現在はまだ検討段階ですが、決定した場合は早急に連絡します。

前置きが長くなりましたが、本題に入ります。最近の記事をさっと読み直してたら、全体的にコミュニティや社会問題を扱う内容が主となりました。

また、近年はスマホタブレットでのコミュニケーションが主流な場合、地域や宗教といった社会のしがらみが希薄になって社会のあり方も変わってきました。そこで、今回は、ネット社会とモラルに関する話題を扱うことにします。


ちなみにこちらは個人がハンドルネームで運営している空間です。今までに、実社会でのみ付き合いのあったひとにはこちらのことを話したことは一度もありません。もともと、こちらを知っていたひとやネット経由の関連行事の場合を除き、自分からこちらのことを話したこともありません。

こちらは、本名で運営していませんし、実社会を経由して実社会で付き合いのあったひとと関係しているSNSなどからはリンクしていませんし、こちらからもリンクしていません。

要は、基本的に匿名で個人が運営している私的領域であるわけです。特に80年以降に生まれたデジタルネイティブたちにとっては、自宅のリビングのような場所でもあります。しかし、近年は、本人と紐付けされているという前提のTwitterSNSを中心に、炎上する事例が増加しています。

例えば、Twitterで出先のコンビニやアルバイト先の飲食店の冷蔵庫に土足で入って騒ぎになったり、差別目的のブログやSNSでマイノリティに対し、明確に誹謗中傷する言葉で恫喝することは、基本的にマナー違反です。

物事は、安易に黒か白かでは決め付けられませんが、上記の場合にその行為のみをジャッジすることを求められれば、その行為自体は黒ということになります。

関わっている場所からネット上で扱う目的で、明らかに問題のあることをすることはよろしくありません。この辺りのことは世代に関係なく、一般常識で考えれば理解できることでしょう。

ちなみに、ネットのなかには明らかに差別を目的にしたサイトもあり、そうした問題を扱った報道が近年増加しています。


参考サイト
www.huffingtonpost.jp
tocana.jp


また、関わっているコミュニティとは基本的に無関係に、個人としてハンドルネームで運営しているコンテンツはネット上には沢山あります。こちらもそうですけど。

こちらでは、個人的に興味深いと感じた情報や報道をフリーハンドで紹介することがあります。そのなかには、ひとによっては不快だと思われたり、一時的に問題視される情報もあるかもしれません。不快に思われる場合はお詫びしますが、その場合はしばらく読まれなくてけっこうです。

こちらには、先述した前提がありますが、基本的に第三者から見て登場した個人が特定されない程度の配慮はしています。例えば、センシティブな話をするときに登場する一般人については、固有名詞を避けています。

日時や場所や地域や職業についても、限定された表現よりも幅広い表現を用いています。例えば、自殺の報道の場合、都内の千代田区神田神保町で発生したのであれば『千代田区神田で発生した自殺』といった具合に表記し、具体的すぎる自殺方法やその為の道具が購入された場所などについては控えています。

例外的に、大手のメディアで詳しい内容が報道されたことのあるドクターキリコ事件については詳細を解説していますが。

特筆、面倒な問題や曖昧な問題について意見を述べる場合も、後で問題になったり、気分を害され難いようにし、断定口調を避けることもあります。例えば、事故死なのか自殺なのか分からないけれど自殺の可能性が高いと考えられる事件を扱う場合は、『自殺“の可能性がある”』や『自殺“と考えられる”』といった表記にしてから論拠を述べるようにしています。


それから、他のひとの意見を参考にする場合は、基本的に情報元を表記しています。

しかし、場合によっては伏せることがあり、『あるひとの話を“自分にはこのように読解できた”』といった表記にすることがあります。要は、微妙な話題のときに法外な方法や問題とならないように可能性の話をするわけですが、その場合、複数の解釈が可能になることがあります。

また、文章のなかに、部分的に差別的や極端と解釈される情報が含まれたり、そうした情報を参考資料としてリンクする可能性があります。その場合は、その情報に一定の価値があり、国際社会の常識に沿うと考えられる場合です。

なぜかというと、社会問題を扱うことのあるブログやSNSというのは個人メディアです。しかしながら、個人で運営しているものであっても、メディアというものは基本的に権力の監視装置として機能するべきものです。

僕は、反権力主義者ではありませんが、メディアが基本的に権力の監視装置であるという意見は、基本的な権利に基づいた報道の自由が認められている国ではどこでもそうなっています。

といっても、これは社会システムのミスを修復したり、視野が狭くなっている場合に別の観点を示唆するといった趣旨からです。もちろん、要人やその周囲のひとの基本的な権利を侵害したり、ゴシップを探すといったことはすべきではありません。これは民間人や自殺のサイト管理人に対しても同様です。


個人メディアや私的領域の場合も、他にも注意しなければならない場合はあります。それは関わっているコミュニティの校則や社則や会則などに、コミュニティに関する言動を規制する内容が含まれ、確認後にコンセンサスが成立している場合です。

その際、コンセンサスを成立させる為には、同意を求められた側の過去の言動については不問にしたり、規制する内容の詳細を具体的に示すといったフェアな形式にする必要があります。

僕の場合は、他のところでも言ってきたことですけど、上記のことに同意を求められたり、具体的に注意されたことはありません。というか、匿名で運営しているSNSやブログでは、第三者が見ても登場する個人が特定できない程度の配慮はしていますし、実社会でのみ付き合いのあったひとにその存在を詳細に話したこともありません。

ですから、当然、その存在すら指摘されたことはありませんが、ある程度他のひとたちに配慮することは望ましいと思っています。ちなみにそういったこととその論理的整合性は学生時代からも一貫しています。といっても、倫理的に問題のない記事でもその記事の関係者の心情を再考して、加筆・修正を行い、改善や軌道修正をすることはときどきあります。


しかし、ボリュームのあるブログやSNSの場合、部分的な情報を差別などの他の問題に関連付けられたりすると切りがありませんが、人間の情操や社会システムがネット社会に追い付かなかったり、対応できないことで問題になりかけたという話を聞いたことがあります。

今後、本ブログもそうした問題や社会情勢を考慮しながら、適切なあり方と表現を模索していく方針です。ちなみに現代は、デジタルネイティブたちが社会の中間層に入ってきました。

スマホタブレットの普及によって、現実社会では他人に干渉する機会が少なくなったということは、ある意味では洗練されているのかもしれませんが、多少寂しい気もします。

いずれにしろ、他者との関わりという人生の主題となることは、小さな箱の中へと移ってきました。


参考サイト
koshikien.co

関連記事
ydet.hatenablog.com

能力と適性

最近、学生時代のことを思い出す機会がありました。

学生時代は、さまざまなバイトをハシゴしていましたが、経験してきた職種は短期間のバイトを含めると運送会社での荷物の仕分けや商品の管理をしていたことが一番多かったと思います。

当時の地方では、求人サイトで仕事を探すというのは、まだ一般的ではなく、ADSLの回線が登場し始めたのも僕が大学生のときでした。

当時は、バイトを探すときは、市の中心部にあるバスセンターの掲示板の求人の張り紙(当時の現地ではこの方法で仕事を探すことも主流だった)を見て、会社や手配師のところに連絡することが多かったですね。

しかし、僕自身、けっこうそそっかしくてかなり方向音痴だし、ADHDアスペルガーの傾向があるので、現場の仕事をしているとときどき勘違いされることがありました。

事実、そうした状態が原因で学生時代に障害者手帳を取得しようと考えたこともありましたが、自分の場合は超方向音痴なこと以外にときどきイラッとしたりして気が散り易くなることがありますが、気質によるところが大きいです。

そして、年齢を重ねるにつれて短所をカバーする為の技術を習得していきましたので、以前ほどはハンディになっていません。

難しい話になりましたけど、学業でも職業でも資格の取得でも趣味でも尽力したいことは、自分の能力や適性や社会情勢を分析し、複数の立場のひとの意見を参考(先入観を入れないで客観的意見になるように配慮し)にしたほうが無難だということです。


参考サイト
www.skincare-univ.com

参考作品
恋する宇宙
モーツァルトとクジラ


関連記事
ydet.hatenablog.com

広告を非表示にする